アニメの感想・思い出を語らう部屋

好きなアニメ作品の感想、考察、思い出を書いていくブログです。他にもゲーム・特撮・漫画・映画やドラマのことも書いていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
筧くんの好きな女性のタイプが知りたいです。

そんな匿名のメールが来た事で、つぐみ達は京太郎の女性の好みを知るため団体デートを企画する。

そこに凪まで参加し、小太刀凪VS4大ヒロインの構図ができあがっている。

先週、京太郎は羊飼いになるべきかすぐには答えを出せなかった。

ていうかナナイさん、羊飼いになった時どんな代償を払うのか何故事前に説明しない?

一番重要なことだろうよ。キュウベェかあんたは?

ナナイは京太郎に個人的な感情を持っている。結局この男は京太郎をどうしたいのだろうか?

羊飼いになるには大きな代償を払う必要がある。

魔法の図書館には全人類の人生について書かれた本がある。

その本は人間としての証明だ。だが羊飼いには自分の本がない。

羊飼いになるときに、自分を本を抹消してしまうからだ。

その結果、誰の記憶にも残らなくなり寿命もなくなる。永遠に人類の奉仕者として生きていくのだ。

羊飼いの存在が誰の記憶にも鮮明に残らないのは、定期的に会っていないと記憶がだんだん薄れてなくなるからだ。

凪はやっと気づいたのかと呆れ気味だった。

それを思わせる出来事は多々あったので、気づかないのは確かに鈍感ではある。

人間としての幸福を捨てる。人間を超えた存在になる。

その事に恐怖を感じず、すべての人々を幸福にしようと思う人間こそが羊飼いに最も相応しい人格の持ち主というわけだ。

裏を返せば、人間的に欠陥のある人物が羊飼いに向いていることになる。

すべての人々を幸福にしようと思うなら、それは誰一人として愛さないのと同じこと。

そんな台詞をどこかで見た。

他者にたいして興味を持たず、誰も特別扱いしない。

だが他人が不幸にさらされるとわかったときは、必ず助けてしまう。

生い立ちが原因で人間不信ぎみではあるが、誰も憎まない。

お人好しで誰にでも優しい。

京太郎がそんな奴だったからこそ、ナナイは羊飼いの素養があると判断したのだ。

図書部で過ごした日々は、京太郎に他者のために尽くす喜びを教えてくれた。

だがその思い出は京太郎にとってかけがえのない大切なものになっていたのだ。

羊飼いになるべきか、深く悩む京太郎。

凪はやめるなら早くしろと冷たく言い放つ。

自分は羊飼いとして、世界をいい方向へと導く存在になる。そのためなら何だって捨てる覚悟は出来ているという。

その覚悟が偽物であることは、原作ゲームをやったことがない人でも薄々気づいているだろう。

凪のことを忘れてしまう。その事を残念がる京太郎に凪は涙を浮かべて口づけをする。

衝撃の行動だった。凪ルートで確定か?

思えば1話から凪の気持ちがクローズアップされていたし、つぐみルートならこのシーンはいらないよ?

ヒロイン多数いる恋愛物がアニメになると、誰ともくっつかない流れになる場合が多い。

このアニメもそうなるのかと思っていたが、そうとも言えなくなってきた。

凪ルートと思わせて結局誰も選ばないノーマルルートだったら、正直がっかりだな。

人気投票第2位の凪。彼女のルートをクリアしないと本当のエンディングにはたどり着けない。

だからこういう展開になるのかもしれないが、これで凪ルートじゃなかったらキスシーンの意味は?って感じになる。

今後どうなるのだろうか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

HIT

Author:HIT
北海道で農家を営む30代男です。

アニメ作品の思い出をブログで綴っていきます。

感想、自分なりの考察も書いていくブログです。

読んでいただければ幸いです。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
4653位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
1773位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。