アニメの感想・思い出を語らう部屋

好きなアニメ作品の感想、考察、思い出を書いていくブログです。他にもゲーム・特撮・漫画・映画やドラマのことも書いていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この第6話は京都への上洛、浅井の裏切り、そして金ヶ崎の退き口と信長の人生にとって重要なイベントをギュっとつめている。

漫画を実写化すると、どうしてもストーリーを凝縮した感じになる。

原作のストーリーを凝縮し、所々設定を変えてドラマ版独特の味を出している。

この作品に出会う前、俺は信長のシェフをよく見ていたので金ヶ崎の退き口はよく覚えている。

お市からの届き物が浅井の裏切りを信長に気づかせるわけだが、このシーンのみ二番煎じという印象を持ってしまった。

信長のシェフでは鮎を送り、梁と罠をかけたメッセージを送っていた。

この作品のお市は袋に入った小豆を送り、袋の両端がきっちりと結ぶことで袋の鼠というメッセージを伝えようとしていた。

原作とはお市の性格設定が多少異なるので、小豆の中にビードロを入れて少しわかりやすいものになっていた。

お市のブラコン設定がないかわりなのか、長政は信長を強く慕っている。

長政の父はなんか悪者に見えるな。

登場人物1人の性格を変えると、他の登場人物の性格設定も変わってくる。

そもそもこのドラマは主人公の性格が変わっているので、登場人物の大半の性格設定が変わっているのだ。

将軍足利義昭の小物ぶりは原作同様のようだが、アホ度が控えめな気がする。

性格を忠実に再現するとかなりやばいアホに見えるからかもしれない。

信長のシェフでも足利義昭は器の小さい男として描かれている。

歴史には詳しくないが、足利義昭はどんな人物だと記されているのだろう?

さて気になるのは明智光秀だ。

原作ではサブローと仲の良い光秀だが、ドラマでは不穏な空気が流れている。

来週、サブローは銃で撃たれてしまうようだ。

ここからオリジナル展開になっていくのかな。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

HIT

Author:HIT
北海道で農家を営む30代男です。

アニメ作品の思い出をブログで綴っていきます。

感想、自分なりの考察も書いていくブログです。

読んでいただければ幸いです。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
2927位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
1229位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。