アニメの感想・思い出を語らう部屋

好きなアニメ作品の感想、考察、思い出を書いていくブログです。他にもゲーム・特撮・漫画・映画やドラマのことも書いていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次回予告の貴虎の台詞から、紘汰がとうとう残酷な真実を知ることがわかる。

22話最大の見所は、紘汰が絶望する瞬間だろう。

そしてどのようにして絶望を乗り越えるのか、みんな楽しみになったはずだ。

ついに街のど真ん中にクラックが開きかける事態になった。

クラックからインベスが出現しヘルヘイムの存在が市民に露見したら、隠蔽のしようがない。

そうなった場合はスカラーシステムで街を焼き払うことになる。

貴虎はヘルヘイム側からクラックの周囲に防衛線を張り、クラックが閉じるまで時間稼ぎをすることを提案した。

当然の対策だ。そう簡単に大量破壊兵器の使用を決断するわけがない。紘汰も同様の考えを光実に提案する。

紘汰は基本バカで、鈍感でお人好しという正義感の強い主人公の典型だ。他の登場人物より秘密を知るのが遅いので、余計バカに見える。

秘密を知る者は知らない者より優位に行動することができるため、紘汰は蚊帳の外に置かれているような感じになっている。

ユグドラシルの面々が物語を回している状態になってないか?

光実が裏で暗躍せず、紘汰のよき理解者となっていれば王道的なヒーロー番組になったかもしれない。

やってることは完全に悪役だが、ポジションは準主人公に近いと思う。

紘汰はヘルヘイム側からクラックを防衛するため、ユグドラシルと一時的に手を組む。

新フォーム・ジンバーチェリーには高速移動という特殊能力が付加されていた。

基本スペックに変化はないのでジンバーアームズではこれが一番強いように思ったが、設定上はジンバーレモンが一番戦闘力が高いらしい。何故だ・・・

劇中で強敵と戦うときはジンバーレモンに変身している。チェリーは出番が少ない。高速移動能力は返って余計なのだろうか?

プロフェッサーと話すときはいちいち変身を解いて話す紘汰。役者さんの表情が大切だからかな。

ここでさらに衝撃の事実が発覚する。ユグドラシルは世界の総人口の七分の一しか救う気がなかったのだ。

プロフェッサーの開発した戦極ドライバーは単なる変身ツールではない。

装着した人間はロックシードのエネルギーを安全な形で摂取することができ、食事の必要がなくなる。

つまりヘルヘイムの環境下でもインベスにならずに人間として生きていけるということだ。

このドライバーこそが、人類救済計画の根幹を成しているのだ。

しかし、10年間で製造できるドライバーの数は10億台が限界だという。

世界の総人口は70億人、つまり残りの60億人は見捨てることになる。

ドライバーを持たない人間がインベスになるのはわかりきっているため、10年間の間に世界人口を10億人に減らそうというのが人類救済計画「プロジェクトアーク」の実態だった。

なんだそりゃ!?と思わずにいられなかった。無茶苦茶だろ・・・

60億を犠牲に10億を生かす、犠牲の方がずっと重い。10億を犠牲にして60億を生かすならまだわかるが・・・

怒りを爆発させる紘汰。これはさすがに納得できない。

クラックが消滅し、沢芽市の危機は去った。

紘汰は隙を突いて湊からピーチエナジーロックシードを強奪、スカラー兵器を破壊するためにユグドラシルの人口クラックを目指す。

タワー内部に潜入し、スカラー兵器の制御室を探す鎧武の前に貴虎が現れる。

ユグドラシルこそが人類最後の希望だというが、当然鎧武は納得しない。

貴虎は斬月・真に変身、鎧武もジンバーレモンにチェンジする。

信念の違いから、激しくぶつかり合う鎧武と斬月。

この場面は鎧武の名シーンの一つといっていいと思う。

貴虎と紘汰の問答も気合が入っている。

犠牲はやむなしと考える貴虎と犠牲を絶対に出したくない紘汰とでは決して相容れない。

以前は斬月の方が優位に戦っていたが、戦闘経験を積んだせいか今回は鎧武が押している。

22話目にして、斬月が初めてダメージを受けた。長かったなぁ・・・

ここで貴虎は少々好感度の下がる行動をとった。

裕也がインベスになり、鎧武に排除される映像を紘汰に見せたのだ。

不利になった途端に汚い真似をしたようにも見える。

フォローするなら、直に叩きのめすより紘汰の信念そのものをへし折ってやったほうが効果的と思ったのではないか。

残酷な現実を突きつけ精神的に再起不能にすることで、殺すことなく厄介な敵を排除することが出来る。

お前まだ気づいてないのかっていう気持ちもあったはず。

何より、犠牲によって希望をつかむことを絶望といったことが大きい。

それならお前は絶望するべきと言い返したくなる。可能なら確たる証拠を突きつけた上でだ。

そして紘汰は絶望する。

友の命を犠牲にして生き残った。

探していた友達は自分の手で殺されていた。

耐え難い現実だ。

戦わなければ自分も、一緒にいた舞も殺されていた。そうわかっていても、心は悲鳴をあげる。

人殺しなど出来ない。たとえ化け物と化しても、仲間を殺すことなどできない。

そう心に誓っていた。でもとっくの昔に一線を越えていた。

それがわかったときの絶望感は計り知れない。

紘汰はまだ自分の正義を持っていない。

本当に戦うべきものが何なのか、再起するにはそれをはっきりさせる必要があった。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

HIT

Author:HIT
北海道で農家を営む30代男です。

アニメ作品の思い出をブログで綴っていきます。

感想、自分なりの考察も書いていくブログです。

読んでいただければ幸いです。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
4653位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
1773位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。