アニメの感想・思い出を語らう部屋

好きなアニメ作品の感想、考察、思い出を書いていくブログです。他にもゲーム・特撮・漫画・映画やドラマのことも書いていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はマスク部隊より、ベルリの母親ウィルミットのほうがある意味目立っていた気がする。

ウィルミットのあの意味不明な笑いは何だ? 説明してほしい。

彼女は息子の捜索をするため、無断で地球に下りる。

その時の猿芝居は酷かった。あれで誤魔化せると本気で思っていたのだろうか・・・

ベルの好きなバナナとシナモンのビスケットを持ってくるのを忘れた!は迷言だな。

いい母親なんだろう。

自称天才クリム・ニックはラライヤに興味を持ち、Gセルフに乗せてしまう。

何やってんだお前は・・・

そんな時に限ってマスク部隊の強襲を受ける羽目になる。

キャピタル・アーミィの量産型可変モビルスーツ、エルフ・ブルックは足に大出力のビームサーベルがあったりとなかなかユニークな機体だ。

可変機構を有するモビルスーツは戦い方に幅がある。

変形しないと飛行できないという欠点とうまく付き合わなくてはいけないようだが、それでもかっこいいな。

ダブルオーのフラッグを思い出す機体だ。見た目も変形機構も全く違うんだけど。

アイーダがさりげなくベルリをベルと愛称で呼んでいるのが気になった。呼びやすいからかな?

ベルリがラライヤと交代してGセルフに乗り、エルフ・ブルッグを落としまくる。さすが主人公だ。

デレンセン教官を撃ってしまったことはしっかり認識しているようだ。

だが、そのショックを引きずっている様子はない。うじうじするタイプではないのかな。

マスク部隊に追い詰められたベルリたちは巨大モビルアーマー「アーマーザガン」の攻撃に救われる。

命拾いしたベルリたち。このような事態を招いたのはクリムがラライヤをGセルフに乗せたりしたからだ。

刑罰が必要じゃないか?

まぁマスク部隊は強かったし、Gセルフが万全でも怪しかったかな。

来週はアイーダの父親が登場する。

ヒロインの父親と対面・・・そこにベルリの母親まで来るのか?

この作品にラブコメは期待できない。

新装備のほうを楽しみにするかな。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

HIT

Author:HIT
北海道で農家を営む30代男です。

アニメ作品の思い出をブログで綴っていきます。

感想、自分なりの考察も書いていくブログです。

読んでいただければ幸いです。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
2964位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
1232位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。