アニメの感想・思い出を語らう部屋

好きなアニメ作品の感想、考察、思い出を書いていくブログです。他にもゲーム・特撮・漫画・映画やドラマのことも書いていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3話のタイトルは「ひとりぼっちの歌姫」、御園千莉をメインにした話だ。

彼女は授業をサボりがちで、クラスメイトに気にかけられていない。

声楽の才能に恵まれている彼女だが、向上心が乏しく教師との関係もよくない。

ヒロインの一人である桜庭 玉藻は彼女のような手合は好きではないと言い放つ。

才能があるなら、それを伸ばすべき。

そうしないと、同じ世界で才能のない人間が悲しすぎるという。

才能がなくて苦悩している人間の本音だろう。

俺個人の考えだが、才能にあったことをするのが本人にとって必ずしも幸福とは限らない。

たとえば、人を傷つけることを極度に嫌う人間がいたとする。だから人を癒す仕事がしたいと願っていたとする。

だがその人は格闘家の才能に恵まれていて、その道に進むしかないと言われたら絶望するはずだ。

極端な話かもしれないが、才能のない人間がどんなに苦しもうが悲しもうが、当人には関係のない話だ。

大切なのは、本人がどうしたいかである。

才能を潰すも生かすも本人の自由であり、周囲の期待にこたえるとか、同じ世界で輝けない人達のためなんて理由でやるのは結局他人のための行為でしかない。

自分の将来なのだから、周囲の意思など関係ないのだ。

御園千莉に落ち度があるとしたら、自分の意思をはっきりと示さないことだろう。

やりたくならそう言えばいい。迷っているなら相談すればいい。

彼女は不器用な性格なのだ。

今回は小太刀 凪にも焦点があたっている。

みんな知ってると思うが、羊飼いの正体は彼女である。

劇中の彼女のセリフから見ても、スタッフは隠すつもりがない。

それどころか、ネタバレを逆手にとった演出がなされている。

名前を名乗ったり、テレビを見せてほしいとかいって京太郎の部屋に押しかけてくるのは、自分のことを思い出してほしかったからだ。

ゲームをプレイしているときはわからなかった。

これはアニメにしか出来ない演出だ。ゲームでやったら序盤からネタバレしてしまう。

凪自身、自分のことを思い出すはずがないとわかっているが、それでも淡い期待を抱いている。

それほどまでに、京太郎は特別な存在なのだ。

なんともいじらしいことだ。

次回予告ではいつもショートコントをしている。

来週の内容には一切触れず、でもこういうのは好きです。毎回楽しみだ。

このような次回予告になるのは可愛さ重視で内容が薄いからと思えるかもしれないが、これはこれでいい味を出している。

さてコスプレビラ配りはどうなることやら・・・

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

HIT

Author:HIT
北海道で農家を営む30代男です。

アニメ作品の思い出をブログで綴っていきます。

感想、自分なりの考察も書いていくブログです。

読んでいただければ幸いです。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
2927位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
1229位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。