アニメの感想・思い出を語らう部屋

好きなアニメ作品の感想、考察、思い出を書いていくブログです。他にもゲーム・特撮・漫画・映画やドラマのことも書いていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回から冒頭でナレーションが入るようになった。

オープニングアニメーションはかなり癖が強い、NHKあたりでこんなアニメーションを見た覚えがある。

OPではザルバが描かれているが、レオンの指にはついていない。

ヘルマンも魔導輪をつけていないようだ。

番犬所の神官とヘルマンの話によると、魔女狩りは元老院付きの魔戒法師の仕業らしい。

魔戒騎士を憎む裏切り者の魔戒法師というのは特撮ドラマ版を思い出す展開だ。

神官の名はガルム。これも特撮版、それも第1作目を思い出す。

裏で暗黒騎士と繋がっていた裏切り者の神官の名がガルムだった。

胡散臭い雰囲気の幼女だが、今作では敵じゃないようだ。

敵ではないと断定するのは早いかもしれないが、敵であれば特撮版の二番煎じになってしまう。

この神官のキャラクターとしての印象は悪くない。お調子者のヘルマンとの会話はなかなか楽しめる。

今作の黄金騎士であるレオンはどうやら暴走の危険を抱えているようだ。

火やぶりにされた母アンナの記憶が原因らしい。その記憶は刻印となって彼を苦しめている。

父へルマンとの親子関係も険悪というほどではないが、決して良好ではない。

レオンは母がなぜ、あんな女好きの男を選んだのが理解できないようだ。

無愛想で未熟な子供、そんな印象を抱かせる。

無愛想という点を除けば、道外流牙とほぼ同じタイプの主人公かもしれない。彼もマザコンだったし。

ガロの鎧は母から受け継いだものだという。

だからレオンにしか召喚できないらしい。母から受け継いだとはどういうことだろう、設定上ちょっとおかしな話だ。

物語の舞台となるヴァリアンテ国では、未だに魔女狩りが続く。

レオンとヘルマンは、その国でホラー狩りをし、さらに裏切り者の魔戒法師の抹殺も目的としている。

ホラーの存在を察知した二人は、ある魔戒法師の女性と出会う。

かなりの腕利きだが、騎士を嫌っているようで、レオン達に協力する気はないようだ。

法師の中には騎士に対抗意識を燃やす者も多いという設定があるので、偏屈な女というわけではないはずだ。

ホラー相手に苦戦するレオン。なんか魔戒剣が短いような気がする。

母の記憶がトリガーとなって暴走するガロ。前回も思ったが鎧が生き物のようだ。

ガロの暴走を止めるため、鎧を召喚するヘルマン。

紋章を剣で突いて鎧を強制解除させるシーンは、心滅獣身となった鋼牙を救う銀牙騎士ゼロを思い出させる。

黄金の輝きを放っているにもかかわらず、まだ未熟というのはちょっと納得できない。強いといえば強いのだろうが。

ヴァリアンテ国の王子アンフォンソは裏切り者の魔戒法師メンドーサの策略で国を追われる羽目になる。

彼は国に伝わる光の騎士を捜す旅に出るようだ。その騎士の姿はガロに酷似していた。彼とレオンとの出会いが物語にどんな変化をもたらすのだろうか。

次回はザルバが登場するようだ。

レオンとどんな関係を築いていくのか楽しみだ。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

HIT

Author:HIT
北海道で農家を営む30代男です。

アニメ作品の思い出をブログで綴っていきます。

感想、自分なりの考察も書いていくブログです。

読んでいただければ幸いです。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
5580位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
2068位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。