アニメの感想・思い出を語らう部屋

好きなアニメ作品の感想、考察、思い出を書いていくブログです。他にもゲーム・特撮・漫画・映画やドラマのことも書いていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この32話で鎧武の最強形態「極アームズ」が登場する。

ネットのネタバレでシルエットが出ていたのだが、マントに尖った頭とかなり不安を覚える姿だった。

そして32話の予告を見る前に夏の映画のCMで極アームズが出ていたのだ・・・

まさかのCMバレである。

初登場は本編でやってくれよ・・・

極アームズのデザインで度肝を抜かれたのはやはり胸部装甲である。

オレンジ、バナナ、ブドウ、メロン、スイカ、イチゴといった定番のフルーツの絵が描かれているのだ。

この模様がお見舞いのフルーツの盛り合わせを連想させる事から「お見舞いアームズ」と呼ばれたりするらしい。

奇抜すぎる最終形態は毎年恒例ではあるが、これは少し度が過ぎているかもしれない。

見た目にも驚いたが、その戦いぶりにも驚いた。

このアームズは全てのアームズウェポンを使用できるのだ。

しかも元の性能以上で使用できるため、非常に強力である。

変身方法はアギトのシャイニングフォームを思い出させる。

重装甲のカチドキアームズから装甲をキャストオフして、アームズチェンジするのだ。

パワーと防御力を下げる代わりに、素早さを上げたフォームで関節の稼働域にも不安がない。

見慣れるとそこそこかっこよく見えるから不思議である。

さて本編の感想だが、デェムシュは長時間の戦闘で消耗しており、バロンとナックルで押しきれそうだったがプロフェッサーが余計な真似をしたせいで取り逃がしてしまった。

プロフェッサーには司令官の素質がないとしか思えない。

デェムシュに休息を与えてしまったことが、事態をさらに深刻なものにした。

戒斗はオーバーロードの体の仕組みがインベスと同じだったらまずいことになると危惧していた。

オーバーロードの見た目は完全にインベスなので今更って感じの指摘ではあるが、インベスの体の特性を考えると確かにまずいのである。

インベスはヘルヘイムの実を食べることで、より強固なインベスに変貌する。

沢芽市は世界で最もヘルヘイム植物が多い土地なので、どこで実を食べても不思議ではなかった。

案の定、デェムシュは実を食べて大幅なパワーアップを遂げていた。

以前、鎧武とバロンの2人がかりでも歯が立たなかったのは、実を食べたためなのかは不明である。

単に本気を出していなかったか、想像以上に学習能力が高いのか、それを判断する材料がない。

意識を取り戻した紘汰と舞の前にサガラが現れる。

憎みあうことしかできないことを悲観する紘汰にサガラはフェムシンムの嫉妬や憎しみ、取り返しのつかない後悔はお前には理解できないと語る。

闘争が起きる原因は人間の負の感情である。

嫉妬や憎しみだけではない。醜悪な欲望や独りよがりな理想などが争いを呼ぶのである。

そういった負の感情をほとんど持たない紘汰には、彼らの憎しみは理解できない。

サガラに怒りをぶつける紘汰。

オーバーロードがあんな凶暴な連中だと最初から知っていたのかと、そう言わずにいられなかったのはわかる。

だが彼らが人類を救うなどとは、サガラは一言も言っていない。

サガラの言うとおり、それは紘汰の早とちりだ。

では、どうすればよかったのか。

凶暴なデェムシュ達との交渉は論外だった。

愛する女性の復活にしか興味のないロシュオにも期待はできない。

ヘルヘイムの侵略を止める方法は一つ、それは紘汰がオーバーロードになることだった。

驚愕する舞と紘汰を念力で身動きできなくするサガラ。

黄金の果実を手に入れ、世界に君臨する王となる。

救うも滅ぼすも自由だが、そのためには知恵の実を狙う者すべてを倒す覚悟が必要だった。

舞はサガラが紘汰を言いくるめようとしていると気がついた。

サガラは親切で紘汰に手を貸しているわけではない。

あくまで自分の都合で動いていた。

舞は止めようとするが、紘汰は極ロックシードをサガラから受け取る。

今の自分には力が必要だと、戒斗達は戦っているのに自分だけ危険を犯さないわけにはいかない。

それが紘汰の決意だった。

実際、この状況ではこれ以外に選択肢はない。

強大なオーバーロードに立ち向かうには、カチドキアームズでは力不足だ。

レデュエはロシュオにデェムシュの救援に向かいたいと言って、沢芽市に侵攻する。

プロフェッサーはデェムシュ一人に気を取られ、他のオーバーロードを警戒しなかったため、ユグドラシルタワーを乗っ取られてしまった。

しかも自分だけロケットで脱出・・・

湊さんは見捨てられたのだ・・・

自己中もここまでくるとかえって感心する。

大量のインベスに襲われるマリカのもとへ、戒斗とザック、凰蓮さんと城乃内が合流する。

戒斗の優れたリーダーシップでライダー達は連携してインベスの群れを倒す。

戦隊物みたいになってきたな。

そこへ強化体となったデェムシュが現れ、5人を圧倒する。

必殺技の同時攻撃でも全くダメージを受けない。

粘り強く戦おうとする5人のもとへ、紘汰が駆けつける。

新たな力を手にした紘汰にサガラは、後悔のないようよく考えて戦えと忠告していた。

オーバーロードと同じ存在を目指すことが、どういうことなのか。

この時の紘汰はそれを深く考えていたのだろうか。

「後悔なんてしている暇はない、俺は先に進む・・・そう裕也に誓ったんだ!」

今の紘汰に、戦いをやめるなどという選択肢はなかった。

ただ己の信じた道を突き進むのみ。強い信念を持った人間は止まらないのだ。

カチドキアームズの状態で極ロックシードを起動した瞬間、空中にすべてのアーマードライダーの基本アームズが召喚される。

それらと融合することで、極アームズにチェンジする。

こけおどしだと強がるデェムシュだが、大橙丸の一撃だけでダメージを負い、見込みが甘かったことを思い知らされる。

他のアーマードライダーの必殺技にも耐えたのに、単純な攻撃だけでダメージを受けている。

これには少し違和感を覚えたが、すべての武器を元の性能以上で使っているという設定なら、なんとか納得できる。

次々と武器を召喚して、デェムシュの攻撃を防ぎダメージを与えていく鎧武。

この威風堂々たる戦闘スタイルは類を見ない。

バナスピアーのスカッシュ技で身動きできなくし、火縄大橙DJ銃・大剣モードのオーレ技でついにデェムシュを倒した。

人類が初めてオーバーロードを倒した瞬間である。

圧倒的な戦闘力に他のアーマードライダーは皆、声を失っていた。

紘汰自身も自分の力に驚いていた。

知恵の実の力の一部を使うことがどういうことなのか、この段階では俺は想像していなかった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

HIT

Author:HIT
北海道で農家を営む30代男です。

アニメ作品の思い出をブログで綴っていきます。

感想、自分なりの考察も書いていくブログです。

読んでいただければ幸いです。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
2927位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
1229位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。