アニメの感想・思い出を語らう部屋

好きなアニメ作品の感想、考察、思い出を書いていくブログです。他にもゲーム・特撮・漫画・映画やドラマのことも書いていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アニメ第2話はサーヴァント召喚後からアサシンが殺されるまでを描いている。

アサシンの遠坂邸侵入のアクションにはかなり力が入っていた。

当時視聴した感想としては、ここはそこまで力を入れるシーンなのだろうか?という疑問を抱かずにはいられなかった。

まだ聖杯戦争が開幕する前だが、小説でファンになった者としては見所が多かった。

ライダーとウェイバーのやりとりや、セイバーとアイリスフィールの会話、切嗣とイリヤの思い出などが実にいい。

その影で気分を悪くさせられるのが、キャスター召喚のシーンである。

アニメということもあり、小説やコミックほど雨生龍之介の異常性は伝わらない。

しかしキャスターの残虐性は映像のほうがわかりやすい。まぁ当たり前だが。

第4次聖杯戦争において、きちんと信頼関係を築くに至ったのはライダー組くらいのものだが、仲が良いという点ではこいつらが一番だろう。

雨生龍之介という男は所謂快楽殺人者・シリアルキラーである。

この男は死について知りたいという好奇心を抑えられず、実の姉を始め大勢の犠牲者を出している。

龍之介は殺人を犯すことに何の罪悪感も抱いていない。

理由としては世の中には50億人以上の人間が生きており、それが何万人も死んだり生まれたりしているからだそうだ。

だから自分がほんの数十人を殺したところで、たいした重みはないと本気で思っているのだ。

ふざけた理屈である。

50億円の資産があり、それが何万単位で増えたり減ったりしているのなら、自分がほんの数百円ほど無駄遣いしてもいいだろうという子供の理屈となんら変わらない。

ここで一つの疑問が生じた。

何故人を殺してはいけないのか。その答えを考えたとき、納得いくものがなかったのだ。

犯罪だから、死刑になるから、人生をふいにしてしまうから、とても恐ろしいことだから、自分がされたらいやだから。

ふっと出てきたのはそんな一般的なことばかりで、心に響くような納得できる答えは出てこなかった。

少し考えて、心が死んでしまうから、ばれなくてもその後の人生まともに生きていけなくなるからという答えが出た。

これもあまり納得できない。

どれもこれも当たり前の常識で、心には響かない。

俺がほしいのは、こういうイカれた殺人鬼を真っ向から否定できる答えなのだが、それが出てこない。

一般的な常識や道徳を一切持たない人間にかけてやれるような言葉を捜すなど、無意味な行為もいいところだが、それでも真剣に考えてしまった。

結局、俺自身が納得したいだけなのだが。

納得いくような答えを考えると、どうしても長々としたものになる。

男女が出会い、恋仲になって夫婦となり、子宝に恵まれるのは奇跡的な確率による出来事だと何かで聞いたことがある。

一期一会という言葉があるように、人と人との出会いは大切なものであり、それによって生まれた信頼関係や愛情はかけがえのないものとなる。

その上で生まれた新しい命は何より大切なものだ。

命が生まれるまでの過程を考えると、それは決して軽いものではないと誰もが理解できる。

それが万単位で減ってしまうような出来事が起こるほど、世の中は理不尽なのだ。

誰もが必ず持っている一般的な感情が欠落した人間には、何を言っても無駄である。

普通の人間には命の重みが理解できる。

何故人を殺してはいけないのか。長々と説明せずに答えるのは難しい。

ネットで検索すると、いくつか答えが出てきた。

殺されたくないと誰だって思うから、絶対殺されたくないと思うのであれば、絶対人を殺していけないのは当然。

最も重大な人権侵害だから。

人生を強制的に遮断し、希望や未来を奪うことだから。

人をひとり殺すことは、その人の家族(恋人も含む)の人生を奪うことだから。

人を殺してはいけないと言う法律があるから。

取り返しがつかないことだから。

と、こんな感じで答えは人それぞれだ。

ここまで多くの答えがあるなら、自分なりの回答など必要ないのかもしれないが、しばらく考えてみたい。

話がかなり脱線したが、まずアサシンがアーチャーに殺されるという展開で聖杯戦争が始まった。

アサシンのサーヴァントについては、第5次の佐々木小次郎のほうがはるかに強いだろう。

第4次のアサシンで脅威なのは、数の多さのみであり個々の戦闘能力はたいしたことはない。

どんな風に召喚されたのかは、アニメでもコミックでも描かれない。

魔法陣から大量のアサシンが出てくるのは、それなりに強烈な光景だと思うのだが。

アサシンが殺されたのは遠坂陣営の戦略である。

脱落したを他のマスターに思わせ、残りのアサシンで諜報活動を行って敵の情報を得ようというのだ。

遠坂時臣も娘の凛とは違った戦術を好むようである。

彼の戦略は正しく、そのまま進行していれば聖杯戦争で勝ち残れたという。

でも、そういった戦略を用意せずともアーチャーが本気を出せばそれですむ話だと思うのだが、そうもいかない。

傍若無人なアーチャーが誰かに従うはずがないからだ。

アーチャー組は主従関係が逆転しているのだ。

もうこの段階で危うい。

結果を見ると、普通のサーヴァントを召喚したほうがよかったのではと思ってしまう。

娘のように、触媒なしでサーヴァントを召喚したらどんな奴が出てきたのだろうか?

アサシンのシーンのクオリティの高さから、戦闘シーンには期待が高まったが、セイバーが戦うのは4話からだ。

バトルだけがこの作品のよさではない。

3話でもちょっとアレなシーンがあり、何とも言えない気分になった。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

HIT

Author:HIT
北海道で農家を営む30代男です。

アニメ作品の思い出をブログで綴っていきます。

感想、自分なりの考察も書いていくブログです。

読んでいただければ幸いです。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
5428位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
2053位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。