アニメの感想・思い出を語らう部屋

好きなアニメ作品の感想、考察、思い出を書いていくブログです。他にもゲーム・特撮・漫画・映画やドラマのことも書いていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
牙狼〈GARO〉炎の刻印・第一部終了。

衝撃展開だった。全く予想だにしない流れになった。

レオンが黄金騎士の資格を失う可能性は示唆されていたが、現実のものになるとは・・・

新たな黄金騎士になったのはなんとアルフォンソだった。

ガイアの鎧はどうすんの?どっちも使うのか?

レオン・ルイス、歴代の主人公の中で最も未熟かつ愚かな騎士というレッテルが貼られても仕方ない状況になった。

彼は目の前のホラーを討伐するより、個人的な復讐を優先した。

鎧を纏っているにもかかわらず、魔戒法師のメンドーサに片手であしらわれる始末だ。

メンドーサが強いのかレオンが弱いのか・・・

アルフォンソの言葉もまともに聞かずにメンドーサを倒そうと躍起になり、あっさりと術中にはまってしまった。

母の死に際を見せられたことで炎の刻印が暴走、ザルバでも制御できずに心滅獣身にさせられてしまう。

獣のようにホラー・ブラッドムーンを捕食するガロ。

その姿はもはや騎士ではない。

暴走したガロを見てご満悦のメンドーサ。

その顔がとても憎たらしくて気持ち悪い・・・

巨大な獣と化したガロはサンタバルドの城下町を焼き払ってしまう。

炎に包まれる町と逃げ惑う人々、それを見たアルフォンソはレオンに失望し、お前を認めない宣言をする。

どうもアルフォンソは良くも悪くも素直な性格のようだ。

ヘルマンのような女好きでだらしのない男でも、ベテランの魔戒騎士で自分の叔父ともなれば素直に敬意を払う。

だが、たとえ自分の従兄弟であっても騎士の責務を放棄し守るべきものを踏みにじるような者は決して許さないのだ。

アルフォンソはヴァリアンテの王子として民を国を守ることが何より大切なのだ。

自分が一番守りたいものを焼き尽くされそうになれば愛想が尽きるのも無理はない。

暴走させられたのは完全にレオンの自業自得である。

ヘルマンは腰の紋章を貫いて鎧を解除させるようにアルフォンソに懇願する。

本当なら自分で引導を下したかったが怪我が酷くてそうもいかなかった。

息子を貫くつもりでやれ、これ以上堕ちる前に・・・

最悪殺してもかまわないと、そう解釈できる言葉だった。

ガイアの決死の戦いでガロの暴走は止まった

燃えさかる町の中、アルフォンソはヴァリアンテを救うためある決断をする。

自分にも黄金騎士の血が流れている・・・!

牙狼剣と手にとったアルフォンソは黄金の鎧を纏った。

新たな黄金騎士の誕生だ。

鎧の形状は特撮版のガロとほぼ同じだった。

青い瞳は前作の主人公、冴島雷牙を思わせる。

胸にはエスメラルダがもっていた首飾りが装着されていた。

ブラッドムーンと果敢に戦う新生ガロ、メンドーサはホラーごとアルフォンソを魔界に追いやろうとしたが失敗した。

アルフォンソは魔界に堕ちずに現世に帰還し、メンドーサと対峙する。

もうアルフォンソがガロになったのが衝撃で何も考えられなくなり、頭がからっぽの状態で見続けた。

メンドーサは遅れて現世に帰還したブラッドムーンに捕食され、あっさりと死んでしまった。

ブラッドムーンはそのままガロに倒された。

戦いは終わった。あまりにも後味の悪い結末になってしまった。

レオンはアルフォンソに鎧を返せと縋りつく。

暴走の反動か、もう体に力が残っていないようだ。

当然アルフォンソは耳を貸さない。

この惨状はメンドーサでもホラーでもなく、お前が引き起こしたものだと厳しく叱咤するアルフォンソ。

それは母さんの・・・

レオンが鎧に執着する理由はそれだけだった。

ガロの鎧は母さんの形見だ。だから俺のものだ。

見苦しいことこの上なかった。騎士が私情に流されるなど論外だ。

もはや黄金騎士の資格なし。ヘルマンもそう判断したのか、お前はもう魔戒騎士ですらないと厳しい言葉を投げつけザルバを取り上げる。

これからどうすべきか考えろとヘルマンの親としての言葉もレオンには届いていなかった。

アルフォンソは鎧を取り返したくば力ずくで来い、受けて立つとレオンに言い放つが、もうレオンにはそんな気力はなかった。

堅陣騎士と黄金騎士、よき戦友になるはずだった二人の若者は袂を分かつことになってしまった。

ヘルマンはレオンをあえて突き放した。

自分で立ち直らなければ意味がないからだ。

不器用な親心だった。

ヘルマンはレオンの炎を消せなかったことを悔やみ、亡き妻に謝罪した。

エスメラルダは自ら命を絶っていた。息子の足手まといにならないためだった。

彼女がメンドーサに利用されていたら、自分はどうなっていたか。

レオンを責められただろうか・・・

そう悩むアルフォンソだったが、それは今となっては無駄な感傷だ。

もうすべて終わってしまったのだから。

すべてを失ったレオンは、谷底に身を投げてしまう。

敵を倒したのにバットエンドとしか言いようのない終わり方だ。

結局メンドーサは己の罪を償うことも自覚することもなく死んでしまった。

実は生きてましたなんてのはさすがにないだろう。

生きていたとしても人ではなくなっている可能性が高い。

死に方があっけなさすぎるから生きてるかも・・・と思った方いるかな?

これで第一部完。来週はキャスト座談会だ。

実写の鍋が出てきたときは一体なんだ?と困惑した。

第2部は年明けか・・・

衝撃の12話、ちょっと心に傷を負った。

アンナの死に際が凄すぎて、これはレオンより視聴者の方がトラウマ物だったんじゃないだろうか。

少なくとも俺にはトラウマ物だった。

アンナ役の大関英里はツイッターで喉を酷使したと書いていたので、あの死にたくないという鬼気迫る芝居は彼女の演技なのだ。

それだけにトラウマだ。リアルすぎて本人の声なのか判別が付かないが声は大関英里さんなのだ。

実際あんな死に方ではないだろうが、なんか信じそうになってしまう。

1話でアンナはレオンを生んだことで思い残すことがなくなったのか、その表情は安らかだった。

それからあんな醜悪な死に方をしたなどありえない。

メンドーサだって遠くから見てただけだろうがよ。

息子に未来を託すことで、己を犠牲にできる。

それが母親の強さなのだろうか。

エスメラルダもアルフォンソに国の未来を託して、自ら犠牲になった。

アンナとは見た目がまるで似ていないが、この点に関してはよく似た姉妹だったのかもしれない。

レオンは鎧を失い、復讐の対象も失ったことですべてを失ったと抜け殻のようになってしまった。

復讐がすべてだったのなら、その時点で魔戒騎士失格である。

母に対する想いだけがレオンのすべてだったのだろうか。

レオンの母に対する感情は彼の最大の弱点といってもいい。

まだ17歳とはいえ、女々しすぎるだろ。

レオンはメンドーサと対峙する前に、何度も成長する機会があった。

父親を殺された少年との出会いで、復讐心に捕らわれてはいけないことを学んだはずだった。

英霊ガロとの出会いで守るべきものがなにか考えることもできた。

不用意な怒りが命取りになると諭されることもあった。

暗黒騎士に敗れたことで、己が未熟だと痛感したはずだった。

アルフォンソの姿を見れば、自分に何が足りないのか気づくこともできたのではないだろうか。

だがこれらの経験はすべて無駄に終わった。

レオンは未熟な騎士のまま、宿敵と対峙してしまった。

それに対してアルフォンソは模範的な騎士だった。

修行期間が短く戦闘経験も浅いが、守りし者としての自覚も魔戒騎士の心構えも完璧だった。

ソウルメタルは体の強さではなく心の強さで操るものだ。

アルフォンソはその点に関して天賦の才をもっていたと言えよう。

だが完全な黄金騎士になったかというと微妙である。

ほぼ完全な姿をしているが、先代のガロに比べて鎧の顔が若いのだ。

鎧は装着者が変わっても、変化するのは瞳の色と体格くらいだ。

ガイアの鎧は体格の変化が顕著に表れている。

ガロの鎧はレオンが装着者だと形状が大きく変化している。

これは炎の刻印が原因なのだろうが、アルフォンソの場合も首飾りが胸に装着されるなど違いはある。

レオンの場合は刻印のせいで常に暴走の危険を抱えているため、生物のような状態になっているのだろう。

ザルバで制御していても、刻印が消えたわけではないから生物っぽさが抜けないんじゃないかな?

先代ガロの状態が完全な黄金騎士の姿だ。

レオンはこのままガロを失ったままなのか、それとも完全な黄金騎士になるのだろうか?

どう立ち直るのか。今の段階では想像もできない。




スポンサーサイト

コメント

ララの件に関しては、
これで終わりのようですよ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

HIT

Author:HIT
北海道で農家を営む30代男です。

アニメ作品の思い出をブログで綴っていきます。

感想、自分なりの考察も書いていくブログです。

読んでいただければ幸いです。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
3973位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
1561位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。