アニメの感想・思い出を語らう部屋

好きなアニメ作品の感想、考察、思い出を書いていくブログです。他にもゲーム・特撮・漫画・映画やドラマのことも書いていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
延暦寺焼き討ちの件は間違いだったと謝罪するサブロー。

家臣達は織田家の為だと既に割り切っていた。

もう二度とこんなことはしないと誓うサブローだが、戦国の世はそう甘くはない。

光秀の持っていた扇子から、恒ちゃんはとうとう入れ替わりに気づいてしまう。

怒りを露にする恒ちゃん。

当然の反応だが視聴者的には、あそこまで性格が変わって何故気づかない?という感じだ。

秀吉の策略で将軍家は滅び、織田の時代が近づいてきた。

年号を天正と改めたサブロー。家臣は皆喜ぶが、恒ちゃんだけは複雑な心境でいた。

偽物に仕えるなど・・・

そう思うのは無理もない。でんでん和尚も所詮偽物は偽物だと恒ちゃんを諭す。

でんでんウザイなぁ・・・

朝倉からの刺客が織田家に潜り込み、サブローの暗殺を企てる。

おゆきはサブローを庇って死んでしまう。

この一件が原因で恒ちゃんは我慢の限界を超えたのか、サブローに偽物は出て行けと言い放つ。

織田から出て行け!という台詞はなかなか重い言葉だった。

真面目な恒ちゃんがこうなるのはけっこうきつい展開だな。

所詮偽物と言われると抵抗感がある。

ドラマだと説得力が薄いかもしれないが、織田家を強大にしたのはサブローである。

血筋という面ではサブローは完全に偽物だが、織田家を引っ張っていける主君としてはサブローのほうが本物と言っていいのではないだろうか。

ドラマでないとできない本物と偽物の対決が次回、最終回にて勃発するようだ。

帰蝶はサブローが偽物と気づいている。考えてみれば道三さんの一件で偽者だと言ってしまっているし。

恒ちゃんはどうも他人の言葉に流されやすいな。

最終回どうなることやら・・・

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

HIT

Author:HIT
北海道で農家を営む30代男です。

アニメ作品の思い出をブログで綴っていきます。

感想、自分なりの考察も書いていくブログです。

読んでいただければ幸いです。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
4555位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
1790位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。