アニメの感想・思い出を語らう部屋

好きなアニメ作品の感想、考察、思い出を書いていくブログです。他にもゲーム・特撮・漫画・映画やドラマのことも書いていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はオープニングがカットされていた。

冒頭で流れたのはアーチャーの過去だ。

凛は契約を通してアーチャーの過去を見ていた。

オープニングの代わりに、凛があの呪文を唱えていた。

なんか意外だったが、ちょっと新鮮だったな。

キャスターのマスターは士郎達が通う学校の教師、葛木宗一郎だった。

一成の情報から目星をつけた凛と士郎は葛木に奇襲をかける。

葛木宗一郎は特殊な暗殺拳を習得した凄腕の暗殺者だった。

現役を退いているため弱体化しており、本人も自分を朽ち果てた暗殺者だと自嘲する。

暗殺の為だけの道具として訓練されているため、彼には自己がなく感情が皆無に等しい。

他人が何人死のうが興味はなく、マスターになったのも頼まれたからだという理由しかない非常に空虚な人物だ。

そんな葛木の破綻した人格に怒りを露にしたセイバーは彼を切り伏せようとするが、逆にやられてしまう。

原作ゲームで初めて見たときは驚いたものだ。

怪しい人物とは思っていたが、基本目立たないしたいして気にもしなかった男が最優のサーヴァントを倒したのだから。

スーツ姿であの蛇と呼ばれる暗殺拳を披露されたときは正直おいおい・・・と思った。

意外なところに伏兵ありどころの話ではない。

キャスター組はマスターが前に出て戦い、サーヴァントが後方支援するという通常では考えられない戦い方をするのだ。

ライダーを倒したのも葛木である。

葛木自身が言っているように、セイバーは生身の人間にすぎないと甘く見た部分はあるだろう。

それでも、葛木先生強すぎだろ・・・

これじゃセイバーが弱いみたいじゃないか・・・

ありえない番狂わせだ。セイバーの株がさがりますよ?

ライダーは一撃で首をへし折られてしまったが、セイバーはなんとか回避した。

致命傷を避けられたのは彼女の技量が高いからなのだ。

これくらいしかフォローできないな・・・

知っている人も多いだろうが、葛木の暗殺拳が通用するのは最初だけである。

サーヴァントに通用するのはキャスターの魔術で体を強化しているからなのだ。

蛇のような奇怪な動きに惑わされてやられてしまうわけだが、その動きはある程度の達人であればすぐに見切ることができるようだ。

所謂初見殺しの暗殺拳であり、2度通用するものではない。

セイバーが復活して再度攻撃してきた際、あっさり撤退したのはこのためである。

凛は遠距離戦で倒そうとしたが、すぐに距離をつめられノックダウンされた。

下手をすれば首を吹っ飛ばされたかもしれない。

凛弱いと思った人は多いだろうが、彼女は最悪の事態を避けている。

アーチャーを連れてこなかったのはキャスターに会わせたくなかったからだというが、凛は何を危惧していたのだろうか?

凛とセイバーがあっさりやられ、士郎は葛木と戦うためアーチャーの剣を投影する。

これで時間を稼ぎ、反撃の機会を作ることに成功した。

しかし結果的にはキャスターも葛木も取り逃がしてしまったので、結果は負けと言えるだろう。

場面は変わり、間桐邸の地下室にあのサーヴァントがいた。

なんでこんなところにいるんだ・・・と思う。

言峰はよりにもよってワカメをあの金ぴかと組ませたのだ。

自分が利用されていることに全く気づかないワカメ。

誰もが腹立つ展開を予想しただろう。

ワカメに聖杯にかける願いを問われたとき、金ぴかが何を言いたいのかよくわからない人は多かったのでは?

金ぴかは気まぐれで10人の奴隷を殺そうとしたが、結局1人も殺せなかった。

何故かと言うと、無駄がなかったからである。

どの奴隷も必要で、切り捨てられるものがなかったのだ。

しかし現代は無駄が溢れている。

殺せない人間など出てこない。

どうやら金ぴかにとっては、無駄が多いのが気持ち悪いらしい。

そもそも金ぴかには願いなどない。己の決めた法を執行するのみだ。

金ぴかは聖杯の力で大量虐殺を行うつもりなのだろうか?

人類から無駄を無くす。それがこの男の目的なら、唯我独尊というレベルではない。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

HIT

Author:HIT
北海道で農家を営む30代男です。

アニメ作品の思い出をブログで綴っていきます。

感想、自分なりの考察も書いていくブログです。

読んでいただければ幸いです。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
3973位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
1561位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。