アニメの感想・思い出を語らう部屋

好きなアニメ作品の感想、考察、思い出を書いていくブログです。他にもゲーム・特撮・漫画・映画やドラマのことも書いていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「希望っていうのはタチの悪い病気だ。それも人に伝染する。紘汰さん、あなたはね、そうやって病原菌を撒き散らしているんですよ!」

上記の台詞は35話の後半で光実が紘汰に言い放ったものである。

この台詞にイラっとした人はかなりいることと思う。

アニメや漫画では希望という言葉は割と出てくる。

まだ希望はあるとか、そういう台詞回しは多い。

その「希望」という言葉の意味を説明しろと言われたら、俺は即答できないので調べてみた。

一般的には

あることの実現をのぞみ願うこと。また、その願い。

将来に対する期待。また、明るい見通し。

という意味だ。

反対に絶望とは、

すっかり望みをなくすこと。希望を失うこと。

という意味である。

どんな苦境に陥っても希望を捨てない人間と、容易に諦めてしまう人間のどちらが強く魅力的な人間かと問われたら前者と答える人間が多数だろう。

だが、現実的に考えてどうにもならないとわかりきった状況下でも決して望みを捨てない人間と、素直に現実を受け入れる人間のどちらが利口な人間かと問われたなら、後者と答える方がいるのではないか。

この鎧武という作品の登場人物が向き合っているヘルヘイムの侵略という大問題は、解決できる問題なのか判断が難しい。

ヒーロー番組なので、最後は必ずハッピーエンドか何かしら救いのある結末になる。

だから希望を捨てないという考えは正しいように思える。

しかしどう頑張ってもすべての人類を救えないなら、紘汰のような人間は確かに愚か者なのだ。

ユグドラシルにはプロフェッサーやシドのような悪党がいるため、紘汰達が正義の味方に見える。

だが貴虎のような人物しかいない場合は、紘汰達が馬鹿に見えるかもしれない。

この35話の段階では、知恵の実の詳細が不明であるため確実に人類を救える保証はない。

光実はやっていることは極めて自己中心的であるが、言っていることは正論であることが多く簡単に否定はできない。

それがまたイライラするところなのだが・・・、これは製作側のキャラ作りがうまいとしか言いようがない。

希望を信じ続けることが常に正しいわけではないのかもしれない。

正論を語る人間が信頼できる好人物とは限らない。

紘汰と光実を見ていると、なんかそう思えてくる。

この2人がすれ違ってしまった原因はなんなのか。

人を疑うことを知らず、他人の悪意に鈍感な紘汰の性格に問題があるのか。

一見とてもいい子に見えるが、そう振舞うのがうまいだけで実際は自己中心的で内面がどす黒い光実の本性が元凶なのか。

両方と答える方が多そうだが、一言で言うなら性格の不一致ではないだろうか。

甘ちょろい理想主義者と堅実な現実主義者が相容れないのは無理もない気がする。

もっというなら、他人のために戦う紘汰と自分のために戦う光実がだんだんすれ違っていくのは必然ではないか。

青臭い正義感が人類を救うという確固たる理念に昇華したのに対し、自分の大切なものを守りたいという願いが自分に都合のいい居場所だけがあればいいという悪意に変貌しているのだ。

光実は戒斗と違う意味で紘汰の対極にいる人物だと言える。

彼が実行しようとしたノアの箱舟計画は舞によって否定されることとなる。

舞は安易に紘汰を信用しているわけではなかった。

仲間として信頼はしているのだろうが、舞が信じているのは希望だった。

舞は紘汰と同じ希望を信じているのだ。

同じ希望を信じることで、紘汰にだけ苦しみを背負わせないようにしていた。

仲間だからである。

しかし、その想いは光実に届かない。

自分と舞を隔てているのが、世界を守りたい・誰も見捨てないという紘汰の希望である判断した光実はそれを壊すべく行動を開始した。

そしてとうとう紘汰と影で見ていた貴虎の前で本性を現した。

腹が立ったのは、裕也を倒して舞を救ったことを誇るべきだと言ったことだ。

最悪の状況下で最善の選択をしたと光実は言った。

その通りではあるが、親友を殺して生き延びたことがどれほど深い心の傷になるのか真剣に考えたのかと言いたくなった。

お前にとって重要なのは舞が助かったという事実だけだろうが、と思わずにはいられなかった。

紘汰が光実!と叫んだシーンは印象的だ。

これは佐野君のアドリブらしい。

次回は兄弟対決だ。

勝敗がどうなるかは次回予告が物語っている。





スポンサーサイト

HIT

Author:HIT
北海道で農家を営む30代男です。

アニメ作品の思い出をブログで綴っていきます。

感想、自分なりの考察も書いていくブログです。

読んでいただければ幸いです。

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
4368位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
1739位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。