アニメの感想・思い出を語らう部屋

好きなアニメ作品の感想、考察、思い出を書いていくブログです。他にもゲーム・特撮・漫画・映画やドラマのことも書いていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘルマンはやはり犠牲を容認していなかった。

彼の望む結末は、ガルムの計画を止め、メンドーサは斬り、アニマも討滅するというものだった。

現状を考えると非常に贅沢な望みではあるが、実にヘルマンらしい。

リアリストであればガルムの計画を支持するのだろうが、それは守りし者ではない。

メンドーサは魔戒騎士を一つのことに囚われて道を見誤った哀れな存在と蔑んだ。

ヘルマンも言ってたけど、そりゃあんたのことだろ・・・

確かに悪い言い方をすれば、魔戒騎士は守りし者であることに固執している。

しかし永遠を手に入れるなんて野心に囚われた人間は、それに輪をかけて愚かだ。

人を守るという生き方に意味を見出せないのは、本当に誰かを大切に想ったことがないからではないか。

意味を見出していても、心の闇に飲まれて道を踏み外したりする者もいたけど。

アニマの復活には生贄が必要だった。

その生贄というのが、魔女狩りで死んだ騎士や法師の魂だというのだから本当に悪辣だ。

17年間行われた魔女狩りによって犠牲になった騎士や法師は数え切れないほどいるのだろうが、その魂で造られたあの赤いブロックにはレオンの母であるアンナの魂も含まれているのだろうか?

マジでいやだなそれは・・・

今回は特撮版の設定がある程度生きていることが確認できた。

まず鎧を構成するソウルメタルは表面に触れると皮膚を破ってしまうので、うかつに触れられないのだ。

オクタビアがゾロの腕にしがみつき、体を焼かれてしまった。

それでも離さないので、ヘルマンはやむなく鎧を解除することに。

メンドーサの言うとおり、オクタビアごとメンドーサを斬っていればそこで終わっていたのだが、犠牲を容認しないヘルマンにそんなことはできない。

切り落としたメンドーサの腕でアニマに繋がる扉を開くヘルマン。

だが扉を維持することは難しく、剣一本でホラーの大群の相手をする羽目に。

鎧には装着時間に限界がある。

このアニメでは装着限界時間が明らかになっていない。

だからといって長時間装着できるわけではない。

ソウルメタルは力ではなく精神力で操る超重量の金属だ。

意識が朦朧としてしまったら、鎧は本来の重量になって体に凄まじい負荷をかけてしまう。

当然強制解除するしかなく、ヘルマンは生身で奮闘することに。

ちょっと長めなナイフ一本で化け物の群れと戦っているように見えるので、なんか見ててつらい。

レオン達はメンドーサの何重にもなる足止めを食らっていた。

現代の世界を模した空間に閉じ込められたり、強固な結界に行く手を阻まれたりと大変だった。

東京都心部のような風景が現れたときは驚いた。

他に何かサプライズがあるかと思ったが何もなかった。現代風の人間が足止めしたら面白かったのだが。

オクタビアはメンドーサに力が欲しいと懇願し、なんと魔獣装甲になってしまう。

サイボーグみたいな見た目になったオクタビア、何故か瀕死のヘルマンにとどめを刺さなかった。

魔獣装甲とは、特撮版第1作目に登場した強敵である。

特撮版ガルムの実子・コダマがガロと戦闘する際に変身したのが、この魔獣装甲という存在だ。

コダマは人間ではないがホラーでもない存在で、鎧を纏った騎士と戦うのはさすがに不利だった。

ガロに力負けしたコダマは魔獣装甲となってガロを圧倒し、我を失っていた鋼牙は時間オーバーで心滅獣身になってしまった。

そして心滅獣身ガロのかませ犬になって死んだのである。

戦闘力はかなりのものだったが、心滅獣身の凄さを表すだけの存在で終わったのが魔獣装甲なのだ。

これ以降魔獣装甲の力を使う者は出てこなかったので、登場は実に10年ぶりである。しかも女性・・・

レオン達はなんとか間に合ったが、ヘルマンは結局満身創痍のままホラーの群れに襲われることに。

死亡フラグは立っていたが、彼まで死んだらレオンは本当に孤独になってしまう。

次回メンドーサと再び対峙するレオン。

一度自らの愚かさから過ちを犯したレオンだが、メンドーサと対峙したとき何を語るのだろうか。




スポンサーサイト

HIT

Author:HIT
北海道で農家を営む30代男です。

アニメ作品の思い出をブログで綴っていきます。

感想、自分なりの考察も書いていくブログです。

読んでいただければ幸いです。

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
5253位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
2013位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。