アニメの感想・思い出を語らう部屋

好きなアニメ作品の感想、考察、思い出を書いていくブログです。他にもゲーム・特撮・漫画・映画やドラマのことも書いていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユグドラシルの人間が味方になったため、大喜びの紘汰達ではあるが、すぐにぬか喜びになった。

貴虎がゲネシスライダー3人に排除されてしまったのだ。

オーバーロードのことを嬉しそうにプロフェッサー達に報告する姿は見ていられない。

紘汰のこともべた褒めしてたが、それがなんか悲しい。

基本的には現実主義者の貴虎は人類に全く好意的ではないオーバーロードと容易にわかりあえるとは考えない。

全て徒労に終わるかもしれないが、試してみる価値は充分にあると希望を見出していた。

その姿がポンコツ主任にしか見えないのが実に悲しい。

戦極凌馬やシドのような人間をどうしてもっと警戒できないのだろう?

森でオーバーロードの探索を始める貴虎達、シグルドが斬月・真に突然襲い掛かる。

不意打ちに動揺する斬月・真ではあったが、すぐに返り討ちにする。

やはりゲネシスライダーで一番弱いのはシグルドか・・・

そこにマリカも合流し、2人がかりで襲われた貴虎はそこでようやく事態を把握する。

撤退する斬月・真の前に戦極凌馬が現れる。

この男も裏切り者だったと悟る貴虎だが、気づくのが遅すぎた。

ゲネシスライダー3人がかりでは、さすがの貴虎も一方的にやられるしかなく、変身解除に追い込まれる。

そしてシグルドによって崖から落とされた。

確実な死が演出されないかぎりは、生存している可能性がある。

案の定、貴虎は生きていたわけで。

この時、光実がその現場を見ていたが、そのまま見殺しにした。

しかし、その表情は苦渋に満ちていたので、さすがに良心の呵責に苦しんだのだろう。

こうするしかないんだ・・・

まさにそんな顔をしていた。

光実は兄のゲネシスドライバーを回収し、兄になりすますことで紘汰を抹殺しよう計画していた。

紘汰がユグドラシルの会社を訪ねたときは既に貴虎の存在が抹消されていた。

手を回すのが早いな。

そして光実の変身した斬月・真に襲われたことで紘汰はさらに混乱し、もはや誰を信じていいのかわからない状態になった。

光実の本性を知る戒斗は、斬月・真の正体も察していたようだが、紘汰にはあえて忠告するに留めていた。

真実を話しても信用しないからである。

仲間という存在を盲目的に信頼している紘汰は光実の裏切りに全く気がついていないのだった。

人はわかりあえると信じる紘汰と、最後に頼れるのは自分の力だけだと言い放つ戒斗。

この2人はどこまで行っても平行線のままだ。

ユグドラシルサイドではシドの裏切りによって人工クラックが破壊されていた。

どいつもこいつも裏切りが大好きだな・・・

俺の主観では、この物語において察しがいいのは戒斗くらいだ。

斬月・真は全く言葉を発せないし、バロンに対して力任せな戦い方しかしないのだから、偽物と気づいてほしい。

お前何度も戦ってんだから、貴虎の強さはわかってんだろ・・・

この先どうなるのか・・・

視聴した当初はもやもやした気分が晴れなかった。



スポンサーサイト

HIT

Author:HIT
北海道で農家を営む30代男です。

アニメ作品の思い出をブログで綴っていきます。

感想、自分なりの考察も書いていくブログです。

読んでいただければ幸いです。

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
4170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
1616位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。