アニメの感想・思い出を語らう部屋

好きなアニメ作品の感想、考察、思い出を書いていくブログです。他にもゲーム・特撮・漫画・映画やドラマのことも書いていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オープニング前の立ち絵からガイアがいなくなり、レオンガロからアルフォンソガロに変更された。

当然といえば当然なのだが、やっぱり寂しい。

今回はアルフォンソとヘルマンが活躍する話だ。

ガロは基本1話完結スタイルだ。

後半になるまで、2週以上引っ張ることはない。

オクタビアという伏線は張られているが、しばらくは平和な話になるのだろうか。

国王が病に伏しているため、アルフォンソがヴァリアンテを治めている。

国は順調に復興しているが、アルフォンソは多忙な毎日にうんざりしていた。

黄金騎士と国の王子を両立するのは、相当な負担がかかる。

こんなに多忙じゃホラー狩りに差し支えるだろうよ。

レオンはララとだいぶ打ち解けたようだった。

ララと2人でいる姿は兄妹のようだ。

そこに何故かエマが現れる。

レオンが落ち着いて生活しているところ見て安心したようだ。

アルフォンソの近況を教えたりと、なんだかんだいっても根はいい人だ。

レオンはララに恋愛感情を抱いていない。

ララはレオンを異性として意識している様子が見られる。

彼女を守るために騎士として再起するのは容易に予想がつくが、そうなるまでの過程を予想するのは難しい。

ララの家族がホラーに殺される展開だけは勘弁していただきたい。

今回はホラー同士が戦うという珍しい展開が見られた。

あとやはりアルフォンソは未熟な部分がある。

ヘルマンのフォローがなければ、襲われた女性を救うことはできなかっただろう。

アルフォンソが黄金騎士として成長する流れが必要かどうかは微妙なところだ。

てかガイアの鎧はどうすんだ。

師匠との別れは感動的だったのに・・・

黄金騎士じゃなくなっても堅陣騎士に戻れるというのはずるい。

なんというか、アルフォンソには根底からアイデンティティーが崩壊するくらいの苦難が必要ではないだろうか。

スポンサーサイト
今回衝撃の事実が発覚する。

なんとベルリとアイーダは実の姉弟だったのだ。

さすがのベルリもこれにはショックを受けたのか、やさぐれ気味になっている。

自分が地球生まれでないこともショックだったようだ。

ベルリがアイーダに一目惚れした理由は、実の姉だったからと納得することができる。

血縁関係のある人間同士がその事実を知らなかった場合、お互いに惹かれあうという。

カーヒルの件がなければ、2人はもっと早く打ち解けたのかもしれない。

あとアイーダはカーヒルを恋人と言い切った。

本編で明言するのは初めてのはず。

彼を大切に想っていたのはよくわかるのだが、それが恋愛感情なのかは俺にはわかりづらかった。

Gセルフの操縦条件はレイハントン家の血を引いていることだったわけだが、それが原因でベルリとアイーダは辛い目にあった。

アイーダは実の弟に恋人を殺されたのだ。

ベルリは姉の恋人だけではなく、尊敬する教官まで殺してしまった。

かなりの悲劇のはずなのだが、全然鬱にならない。なんか表現が軽いんだもん。

好きな女性が姉とわかったことで、珍しく感情的になったベルリは勝手に出撃し敵軍隊を蹴散らす。

敵軍はGセルフの戦闘力に戦慄し、その姿を見てガンダムと発言した。

この世界において、ガンダムは大昔の産物のようだが、やっとガンダムって単語が出てきてよかった。

やさぐれベルリは闇堕ちしてしまいそうな空気を出している。

ガンダム主人公において、誰とも恋愛関係にならない奴はそんなにいない。

ベルリは今後どうなるのだろうか・・・




HIT

Author:HIT
北海道で農家を営む30代男です。

アニメ作品の思い出をブログで綴っていきます。

感想、自分なりの考察も書いていくブログです。

読んでいただければ幸いです。

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
5580位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
2068位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。