アニメの感想・思い出を語らう部屋

好きなアニメ作品の感想、考察、思い出を書いていくブログです。他にもゲーム・特撮・漫画・映画やドラマのことも書いていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デビルマンは、かの有名な漫画家の永井豪氏が生み出した究極のダークヒーローで、歴史に残る名作である。

俺がこの作品に出会ったのは小学生の頃だ。

この頃はデビルマンといったらプロレスパンツのデビルマンの方が有名だったかもしれない。

テレビで再放送していたのをよく見ていたのだが、その放送形式はちょっと珍しいものだった。

1972年にアニメ化されたデビルマンは30分番組なのだか、それを15分ずつに分けて月曜から金曜まで放送していたのだ。

テレビアニメは大抵前半と後半に分かれているのだが、この15分放送形式は綺麗に前半後半を区切っていなかった。

OPから始まり、CMが流れて本編に入るのだが、非常に中途半端なところでいきなり放送が終了する。

デビルマンが敵の攻撃を何とか破ったところでいきなり「デビルマン 終わり」という青い画面が表示されCMが流れるのだ。

次の日に続きが流れるのだが、少し巻き戻して放送される。EDと次回予告はない。

当時、俺はデビルマンという番組はEDや次回予告のない番組だったのかと思ってしまった。

最終回までちゃんと見たのだが、覚えていることは少ない。

最終回ではヒロインの牧村美樹に正体がばれてしまうわけだが、美樹は恐れず不動明を受け入れた。

デーモンとの戦いはこれからも続くみたいな終わり方で、典型的なヒーロー番組という印象を受けた。

当時の俺はこのアニメの原作コミックの内容を全く知らなかった。

永井豪という漫画家のことも知らなかった。

中学生くらいに、原作コミックの作画を雑誌でチラッと見たことがある。

アニメとの作画の違いに多少驚きはしたが、たいして気に留めなかった。

知らないまま高校生になり、2000年に再びアニメ化されたデビルマンを見て衝撃を受けることになった。

その作品についての思い出は、後日書きたいと思う。




スポンサーサイト

HIT

Author:HIT
北海道で農家を営む30代男です。

アニメ作品の思い出をブログで綴っていきます。

感想、自分なりの考察も書いていくブログです。

読んでいただければ幸いです。

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
4170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
1616位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。