アニメの感想・思い出を語らう部屋

好きなアニメ作品の感想、考察、思い出を書いていくブログです。他にもゲーム・特撮・漫画・映画やドラマのことも書いていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テレ朝で放送された「信長のシェフ」も最終回は浅井長政との決着を描いた。

あちらは原作のストックがそこまでだったため仕方がない。

この信長協奏曲は長政との一件が片付いたあとの話も結構あるが、おゆきちゃんメインの話なので最終回の内容にはできない。

前回でおゆきちゃん死んじゃったし・・・

2人の信長が協力し合うから、この作品は信長協奏曲というタイトルになっている・・・はずだ。

だが、このドラマは最終的に2人の信長の対立を描くことになりそうだ。

原作ではできない展開だ。

この作品は1クールでまとめるには長すぎる。

そもそも信長の生涯はドラマ11話分では語りきれない。

コミックを読んでいる人は誰もが気にしていたことだと思うが、入れ替わりが家臣にばれたらどうなるのか?

単にドラマ化しただけでは、無難すぎる脚本になっただろう。

原作は人間関係の軋轢がちょっと軽く書かれているような気がする。

サブローが軽い性格のためだろうか。

ドラマ版のサブローは非常に人間臭いので、人間関係も深く掘り下げられている。

お市との結婚話、長政との友情、家臣達との絆、そして帰蝶との夫婦関係が情に訴えかけるような内容になっている。

そして最も問題なのは明智光秀との関係である。

原作では深い絆で結ばれているサブローと光秀だが、このドラマでは仲が険悪になることもあった。

光秀の性格は基本的には聡明で穏やかだが、根は野心家で嫉妬深いように変更されている。

原作の光秀ファンは怒ったんじゃないだろうか?

秀吉と手を組み、自分こそが織田信長だと狂ったようににやける姿は正直怖い。

実際入れ替わりがばれたところで、最後には主君と認められると皆思っていたはず。

重要なのは結果ではなく、認められるまでの過程だということかな。

恒ちゃんにしか、入れ替わりはばれていない。

家臣全員にばれたら収集がつかないのは目に見えている。

恒ちゃんも原作より生真面目で誠実な性格に描かれている。

サブロー同様、恒ちゃんも人間くさいと思う。

家臣の中でサブローが最も信頼を寄せている恒ちゃんとの関係は非常に良く描かれていた。

恒ちゃんが原作の光秀ポジションについているよなこれは。

帰蝶が入れ替わりに気づいたのは、延暦寺の焼き討ちがあったときくらいらしい。

光秀と何度か入れ替わったりしたせいでボロが出たのだ。

原作では帰蝶は全く気づいていない。

17歳の頃から40過ぎまで共にいるわけだが、男女の関係になっている描写はない。

光秀の方にも妻子がいるため、痴情のもつれはないだろう。

ドラマではせいぜい数年しか経っていない感じだ。

それでも男女の関係にならず、喧嘩相手や悪友のような関係になっている。

相思相愛になるまで随分と時間がかかったものだ。

光秀も妻子がいないのか、帰蝶に対する未練が大きいようだ。

原作でも未練は感じさせる描写はあるが、大きな未練ではない。

でんでん和尚がやたらと光秀を焚き付けるのが気に食わなかった。

それに大きく反論できない光秀も実に意志が弱い。

内心嫉妬していた証拠だ。

あと半兵衛さんが好きだったんだが、秀吉の策略で殺されてしまった。

どう誤魔化すつもりなんだか・・・

半兵衛というか藤木さんが好きなのかもしれない。

サブローに忠誠を誓い、存分に力を発揮する様子が魅力的だった。

この最終回でサブローは初めて人を殺している。

切腹した長政の介錯をしたのだ。

心身共々戦国の人間になったことを示している。いや現代人の感覚を忘れずに戦国の人間となったというべきかな。

逃げ癖のある高校生が織田信長として成長した証でもある。

自分の手を汚す覚悟がなければ、乱世は生きられないだろう。

賛否が分かれそうな展開だが、俺はいいと思う。

この姿を見て、恒ちゃんもサブローを主君と認めたんじゃないだろうか。

織田家を大きくしたのはサブローである。

偽物だったことにショックを受けた恒ちゃんは、その事実を忘れていたのかもしれない。

織田信長という大名の存在を日の本中に知らしめるという、そんな自分の夢を叶えてくれたサブローに恒ちゃんは感謝していたのだ。

帰蝶も自分にとってサブローこそが信長だと受け入れていた。

だがそれは光秀にとっては耐え難い現実だったようだ。

ラストシーンでは本能寺が映っている。

意味深な描写だが、この続きは映画でということかな。

それから徳川家康が脱糞女子大名という非常に不名誉なあだ名を付けられていた。

完全にギャグキャラじゃん・・・

実写映画ではいいところを見せてほしいものだ。



スポンサーサイト
延暦寺焼き討ちの件は間違いだったと謝罪するサブロー。

家臣達は織田家の為だと既に割り切っていた。

もう二度とこんなことはしないと誓うサブローだが、戦国の世はそう甘くはない。

光秀の持っていた扇子から、恒ちゃんはとうとう入れ替わりに気づいてしまう。

怒りを露にする恒ちゃん。

当然の反応だが視聴者的には、あそこまで性格が変わって何故気づかない?という感じだ。

秀吉の策略で将軍家は滅び、織田の時代が近づいてきた。

年号を天正と改めたサブロー。家臣は皆喜ぶが、恒ちゃんだけは複雑な心境でいた。

偽物に仕えるなど・・・

そう思うのは無理もない。でんでん和尚も所詮偽物は偽物だと恒ちゃんを諭す。

でんでんウザイなぁ・・・

朝倉からの刺客が織田家に潜り込み、サブローの暗殺を企てる。

おゆきはサブローを庇って死んでしまう。

この一件が原因で恒ちゃんは我慢の限界を超えたのか、サブローに偽物は出て行けと言い放つ。

織田から出て行け!という台詞はなかなか重い言葉だった。

真面目な恒ちゃんがこうなるのはけっこうきつい展開だな。

所詮偽物と言われると抵抗感がある。

ドラマだと説得力が薄いかもしれないが、織田家を強大にしたのはサブローである。

血筋という面ではサブローは完全に偽物だが、織田家を引っ張っていける主君としてはサブローのほうが本物と言っていいのではないだろうか。

ドラマでないとできない本物と偽物の対決が次回、最終回にて勃発するようだ。

帰蝶はサブローが偽物と気づいている。考えてみれば道三さんの一件で偽者だと言ってしまっているし。

恒ちゃんはどうも他人の言葉に流されやすいな。

最終回どうなることやら・・・

とうとう秀吉に信長が偽物と入れ替わっていることがばれてしまう。

原作を読んでいて疑問に感じたのが入れ替わっているのでは?と誰も思わないことだった。

戦国の世では顔が瓜二つなんて事が全くないのだろうか。

ドラマとコミックではタイムスリップの時期や期間が異なる。

そのため入れ替わりに感づかれるのは当然の展開だろう。

コミックでは17歳の頃から40近くまで信長をやっている。

家臣には入れ替わりを疑うものはいない。人間関係の絆が強固になりすぎているのだ。

ドラマでは入れ替わり期間が短すぎる上に、様々な問題が次々に起こりすぎだ。1クールしかないんだから仕方ないが。

武田信玄はやっぱり顔出ししなかった。これも信長のシェフの影響かな。

信玄の病死がはっきりするのが早すぎる気がする。

一番気になったのは徳川家康の道化ぶりだな。

原作の家康はあんなバカではない。

外見はイメージに合っているのに、性格を全く再現していない。

そして比叡山延暦寺の焼き討ちが織田家でかなり問題視された。

心優しい殿を慕っていたという犬千代。

家臣は皆ショックを受けたようだ。

これが原因でサブローと光秀の仲が険悪になってしまう。

女子供は保護しろと言いたくなった。

古木ばかり成長する山は正常ではない。焼き払わなくてはならないものもある。

という台詞を思い出した方もいるのでは?

家臣達が信長の入れ替わりに気づいたときどう反応するのかが楽しみになってきた。

来週、恒ちゃんが光秀の正体に気づく。

今のところ、家臣達がみんなサブローを我が殿に選ぶ未来しか見えないな。

もう8話なのだが、なんだがストーリーが戻っているような錯覚を覚える。

錯覚の原因は楽市楽座である。

これは原作コミックの初期の頃に、既に行っているのだ。

深く掘り下げられないことではあったが、コミックを読んでいる人にとっては今更という感じになるんじゃないだろうか。

織田家は他国と戦う前には既に経済を発展させていたはずだ。

原作のサブローは若くして自国を豊かにし、領民の支持を得ていたのだ。

へっぽこ高校生がだんだん信長になっていく様を描くのがこのドラマのテーマらしいので、こういう流れになるのは仕方ないのかもしれない。

今回は森可成が宇佐山城を守るために奮戦する。

森可成という偉大な武将がひ弱になっている理由を少し考えてみた。

ひょっとして信長のシェフとの差別化を図っているのだろうか。

信長のシェフに出てくる森可成は大柄で頼りがいがある立派な武士だった。

そんな彼が奮戦する姿をテレ朝で見てから数年経過しているが、信長のシェフは絶賛連載中だし意識していても不思議ではない。

ひ弱な森可成は長男からも武士として情けないと卑下され好かれていなかった。

長男坊は素直ではないだけだったのだろうが、俺的にも情けない森可成はあまり見たくない。

命がけで奮戦しても、そんなに感動しなかった。

このドラマにおいて、最も大きな不安要素はサブローがヘタレだということだ。

物語も後半なので、もう弱いサブローはいないが情に流されやすい部分は変わらない。

したがって明智光秀との関係が良好とはならないようだ。

ドラマではコミックでできないことをしてほしいし、サブローと光秀の衝突は是非やってほしいと思う。

人気作品を実写化すると表現しきれず不評となる場合がある。

原因として大きいのは、放送期間が決まっていることだろう。

長い作品を短くまとめて、魅力的にするのは難しい。

来週、日の本最強といわれる武田信玄と戦をする。

鉄砲で対抗するようだが、はたしてどうなるか。



お市からのメッセージを受け、迅速に退却することが出来た織田軍。

長政の裏切りがよほどショックだったのか、サブローは元気がない。

ドラマではわからないが、原作だと信長はかなりの少人数で逃走している。

大勢をつれて逃げると動きが鈍くなるため、少人数できれば単騎に近い状態で素早く退却したのだ。

この凄まじく迅速な行動と決断の早さが信長の最大の強みだった。

だからモタモタされるとちょっとじれったい。さっさと逃げろといいたくなった。

かなり疲弊した様子で1人城に帰還したサブローは、帰蝶の前で撃たれてしまう。

次回予告を見たときから思っていたが、本当に撃たれるのかよ・・・と思ってしまった。

撃ったのは朝倉の間者・おゆきだった。

急所は外れていたのかサブローは命を取り止め、短期間で回復した。

狙いが甘い。おゆきに躊躇いがあったか、サブローの悪運が強いのか・・・

おゆきちゃんは原作同様、情に流されやすいようだ。

サブローと帰蝶によくしてもらい、良心の呵責に耐えかねたのか自分が間者であること、サブローを撃ったことを白状してしまう。

長政の裏切りの直後であったため、温厚なサブローもさすがにキレた。

死にそうになったのだし無理もない。設定上は高校生なのだ。もう誰もそう思ってないだろうが。

気の強い帰蝶も怒ったサブローには少し怯え気味だった。

撃たれた痛みより、裏切られた痛みの方がよほど堪えるようだ。

その後の戦には勝利し、おゆきとも和解して問題解決かと思いきや新たな問題が発生した。

木下藤吉郎が明智光秀の素顔を見てしまったのだ。

光秀が本物の信長だとわかったら、藤吉郎はどうするのだろうか。

来週はもう8話なのに、ここにきて領内の経済に目を向けるようだ。

今更かって気もするが、帰蝶との関係が良好になってきたからこういう流れにしたのかもしれない。

メインは宇佐山城が襲撃されることだろう。

ひ弱そうな森可成が命がけで戦う。

大切な家臣の討ち死はサブローを大きく成長させるのだろうか。

HIT

Author:HIT
北海道で農家を営む30代男です。

アニメ作品の思い出をブログで綴っていきます。

感想、自分なりの考察も書いていくブログです。

読んでいただければ幸いです。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
4170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
1616位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。