アニメの感想・思い出を語らう部屋

好きなアニメ作品の感想、考察、思い出を書いていくブログです。他にもゲーム・特撮・漫画・映画やドラマのことも書いていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最初はあまり印象のよくなかった牙狼だが、だんたんとハードな展開になるストーリーに引き込まれていった。

来週、クライマックスを迎える牙狼-GARO- 魔戒ノ花の第1話は第1作目暗黒騎士編の1話を意識している演出がある。

牙狼-GARO- 魔戒ノ花は毎週見ているが、度々この第1作目と比較して見ていた。

初期の主人公冴島鋼牙は融通の利かないクールな男だったため、周囲と衝突することも多かった。

番犬所の神官との関係も険悪で、執事のゴンザくらいしか親しい相手がいない有様だった。

彼の生い立ちを考えると無理もない話かもしれないが、不器用すぎである。

番犬所の神官は裏で暗黒騎士とつながっていたし、ライバルの涼邑零も復讐心に取り付かれていた状態で、周囲の環境もよいとは言えない状態だった。それゆえ見ているこっちはドキドキさせられることも多い。

牙狼の主人公としては3代目になる冴島雷牙は鋼牙の息子だが性格が180度違う。

母親が一般の女性ということもあり、6歳まで普通の少年時代を過ごす事ができていた。

そのため非常に社交的で愛想のよい好青年に成長している。

周囲との関係も良好で、安心して見られる感じの主人公だ。

だが裏を返せば、ドキドキさせられないし、ちょっと緊張感にかけるといえる。

1話完結で面白い話を作りたいという方式なので、終盤に差し掛かるまで話を途中で切らない。

そのためなのか、少々無難ともいえる話もある。

監督としては雷牙を好きになってほしいとのことなので、まぁそういうことなら納得だ。

初期からのファンにはニヤリとさせられたり感動させられたりする場面もあるだろう。

特に鋼牙のライバルだった涼邑零が雷牙の師匠だったと知ったときは、皆驚いたのでは?

ずっと見続けて感じたのは、雷牙にはもっといろんな試練が必要だということだ。

必要というか父のようにハードな状況にさらされている彼を見てみたいのだ。

今週に父同様、心滅獣身してしまった雷牙。充分ハードな状況になっているが、人間関係の軋轢が見てみたいと言うか、緊張感がもっとほしいのだ。

冴島雷牙という男をよく知ったことだし、2015年には彼を主人公にした新作が作られることを期待している。


スポンサーサイト
俺が幼い頃は特撮番組のターゲットは小さな子供というのが一般的な感覚だった。

放送時間は土日の午前中や金曜の夕方などだった。

特に日曜の朝にヒーロー番組を見るのは子供の習慣になっていたはずだ。

内容はスーパー戦隊、メタルヒーローシリーズ、美少女ヒロインと様々だった。

1996年に平成ウルトラマン3部作が放送され、もう中学生なのによく見ていた。ストーリーにリアリティを感じて、中学生の俺でも楽しんで見ることが出来た。

2000年には平成仮面ライダーシリーズが始まり、仮面ライダーの復活に興奮したものだ。

しかも大人も楽しめるようリアルに作られていた。第1作目「仮面ライダークウガ」の警察と連携して怪人と戦う描写などがいい例だろう。

ウルトラマンにしても子供番組とは思えない描写で叩かれた作品も存在する。

このように、昨今の特撮番組は大人も楽しめる要素が取り入れられるようになってきたわけだが、それでもメインターゲットは子供であり、子供の支持がなければ打ち切りや路線変更を余儀なくされる。

だが深夜特撮というジャンルがかなり以前から既に存在していた。メインターゲットは大人、子供向けの特撮番組ではないのだ。

2005年、俺が初めて見た深夜特撮番組が

牙狼-GARO-

である。

特撮雑誌で黄金騎士ガロを初めて見たときの印象は正直悪かった。

やたらキンキラキンで狼がモチーフのヒーローというのが微妙だったのだ。

だが、仮面ライダーZOや鉄甲機ミカヅキを見ていた俺は、この番組の総監督雨宮慶太氏の名をよく覚えていた。

それで興味を引かれた俺は、リアルタイムでこの番組を見た。そしてアクションシーンのレベルに驚いた。

今や9年以上続いている人気シリーズで特撮番組を見ない大人でもパチスロで知ってたりするんじゃないだろうか。


魔界の魔獣「ホラー」を狩る剣士、魔戒騎士の中でも最高位の称号である黄金騎士ガロの称号を受け継ぐ男と画家を夢見る普通の女性の出会いからこの物語は始まる。

画家を目指す女性、御月カオルは個展に自分の絵を飾ってもらうが、その画廊のオーナーはホラーに憑依されておりカオルを喰らおうとしていた。

そこへ白いコートの男が現れる。名は冴島鋼牙、黄金騎士ガロの称号を受け継ぐ男だ。

この後、鋼牙とオーナーが戦うわけだが、普通の服装のオーナーとファンタジー系な衣装の鋼牙との戦いはなんか変な感じだった。

でもなんかワイヤーアクションがすごい。そしてオーナーは怪物としての本性を現し、魔獣と化す。

そして変身するのだが、変身シーンは一瞬だった。

剣で体の真上に円を描くと、そこから光が出て一瞬で変身が完了する。

この変身の印象もよくなかった。なんか途中過程を短縮したような感じだったからだ。

とどめの一撃はCGアクションで金がかかっていた。見ごたえは抜群だった。

そのあとはライバルキャラが出てくるまでほとんど見なかったが、後半は話の続きが気になってたまらず、ずっと見続けた。

ダークファンタジー色の濃い作品だが、実は熱いストーリーの物語だったのだ。

その後はずっとこのシリーズと付き合っている。現在放送中の新シリーズも見ているし、来月から始まるアニメ版も楽しみにしている。

大人向けの特撮の歴史は今後どこまで続くのだろうか。


HIT

Author:HIT
北海道で農家を営む30代男です。

アニメ作品の思い出をブログで綴っていきます。

感想、自分なりの考察も書いていくブログです。

読んでいただければ幸いです。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
3093位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
1251位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。