アニメの感想・思い出を語らう部屋

好きなアニメ作品の感想、考察、思い出を書いていくブログです。他にもゲーム・特撮・漫画・映画やドラマのことも書いていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう最終回か・・・って気分で視聴した。

この物語はそう長いものではないが、全12話では伏線を回収しきれていない。

京太郎の父親の話は深く掘り下げられなかった。

終わり方としては綺麗に完結したと思う。

ストーリーの都合上扱いが軽いヒロインもいたので、番外編のOVAがほしいところだ。

玉藻メインのエピソードがほしかったんです。

オーガスト作品のゲームは、物語の根幹に関わるシナリオが最後に開放される形式になっている。

この作品の場合、

つぐみ・玉藻・千莉・佳奈ルートノーマルエンドクリア→凪ルートクリア→つぐみ・玉藻・千莉・佳奈ルートトゥルーエンド開放

という形式になっている。

1周目は凪の思惑通りに誰かと恋人にならなければいけない。

この場合、羊飼いという存在に深く関わらずに選んだ女性の悩みに向き合うことになる。

当然羊飼いになることも、なろうと思うこともない。

この思惑をかわして凪と恋人になると、この物語の根幹に近づくことになる。

凪について詳しく知ったことで初めてヒロイン4人のトゥルールートが開放される。

このシナリオで京太郎は自分の父親の真実を知るわけだが、アニメでは描かれなかった。

原作の京太郎はミナフェス成功のために羊飼いになろうとして、選んだヒロインに止められるのだ。

今回は止められず、羊飼いになってしまう。

それでも有効な解決策は見つけられなかった。

クライマックスの盛り上げ方としてはなかなか良い。

いざ蓋を開けてみると、ミナフェスは大盛況だった。

それに比べて、生徒会の汐美学園の未来を考えるシンポジウムは全然客が来てない。

完全に勝負ありだった。

ミナフェスは弱小サークルが集まってイベントを行うものだ。汐美祭をみんなで楽しむからミナフェスと名づけられた。

シンポジウムというのは、「研究発表会」「討論会」をさす言葉でぶっちゃけ非常に堅苦しいイベントである。

生徒会と学園を良くするためにはどうすればよいか討論するより、みんなで学園祭を楽しもうとするイベントのほうが人気を集めるのは当然の成り行きだろう。

有名芸能人で客寄せしても、イベントの内容が充実していなければ意味がない。

前回、多岐川さんは自信満々だったから何か策があるのかと思っていたがそんなことはなかった。

一体何を根拠に最終的には私が正しいことが証明されると思っていたのだろう?

生徒会はシンポジウムにかなりの金額を使ったはずである。

それでこの結果なのだから大惨事なんじゃないか?

望月さん、止めるべきだったんじゃ・・・

ミナフェスは大成功する流れなのに何が問題なのかと思ったが、原因は多岐川さんだった。

なんと彼女はイベントの舞台裏で照明器具が落ちるように細工をしたのだ。

もはや許される行為ではない。

この照明器具の落下事故でつぐみが死ねば、ミナフェスは最悪な結果に終わることになる。

つまり多岐川さんの凶行を止める有効な手段が見つからなかったということだ。

羊飼いの存在を表沙汰にしてはいけないという制約があるため、京太郎は悩んでいたんだろう。

でもなんか京太郎が原因でつぐみが照明の真下に来たように見える。

京太郎が何もしなくても、つぐみは多岐川さんに気づいて照明の真下に来てしまったんだろうか。

運命には抗えないのか、照明はつぐみ目掛けて落下してしまう。

京太郎は羊飼いの能力で多岐川さんを照明ごとシンポジウムの会場へワープさせる。

多岐川さんはシンポジウムの会場に来たことに気づかず、本音をぶちまける。

彼女の理想は、汐美学園をよい未来に導くために能力の低い生徒を排除するというものだった。

能力の低い生徒に足を引っ張られたら学園全体が駄目になる。

だからそれを排除することの何がいけないのかと京太郎に怒りをぶつける多岐川さん。

京太郎に対する嫉妬心も入り混じった見苦しい感情だった。

望月さんはそんな多岐川さんを叱咤する。

俺は前々から多岐川さんに独善って知ってるか?と言いたかった。

望月さんががっつり言ってくれたのですっきりした。

正論を唱えるだけなら誰でもできる。

重要なのは、他者の共感を得ることなのだ。

多岐川さんはそれが全くわかっていなかった。

それをわからせるためにナナイさんは多岐川さんを焚きつけて、図書部と競わせたのだ。

自分の何がいけないのか理解させるためには、こういう方法が最も有効ということか。

多岐川さんのように、自分が正しいと思い込んでいる人は非常にタチが悪い。

こういうタイプの人間は他者の理解を得ようとせず、自分の考えを押し付ける。

そして邪魔者は卑怯な手を使ってでも排除しようとし、そのことに何の罪悪感も疑いも抱かない。

最もこれは二次元の話で、現実の人間にこんなタイプは多分そんなにいないと思う。

羊飼いの能力を大衆の前で使用したため、京太郎はナナイに羊飼いの資格を取り消される。

凪はみんなを幸福にしようと考える京太郎の助けになりたいと心から思っていた。

ナナイはそんな凪の想いを認め、正式な羊飼いとして認めた。

凪に欠けていたのは、純粋に誰かの助けになりたいという想いである。

幼少期の過酷な生活から人間嫌いだった凪は基本的に誰の幸福も願っていない。

羊飼いになろうとするのは、俗世から解放されたいという現実逃避が理由である。

そんな人間が他者の幸福のためだけに存在する羊飼いになれるわけがなかった。

京太郎や図書部との交流で純粋に人の幸福を願えるようになった凪は、人間的に成長できた。

それはとてもいいことだと思うのだが、凪にとって羊飼いになることがいいことなのかはわからなかった。

羊飼いになることは、自身の幸福を捨てることなのだ。

原作の凪は結局見習い羊飼いのままだった。京太郎も正式な羊飼いになるのは難しいと踏んでいた。

京太郎と恋仲にならない場合は見習いのまま、いつか幸福を掴める道を見つけるんだろうと思っていたのだが。

凪は正式な羊飼いになれることを涙を流して喜んでいた。

ホントにこれでいいのか?

ナナイさんのことだから、やっぱり本を封印したままで凪の成長を見守るつもりなのかも・・・

そうだったいいんだけどな・・・

つぐみはイベント会場で参加者に挨拶をする。

ミナフェス主催者なのだから当たり前だが、あがり症をまだ克服していない。

参加者の応援でリラックスしたつぐみは自分の想いを語る。

立派な挨拶だった。

つぐみは物語の始まりから終わりにかけて大きく成長した描写は少ない。

元からこういう強さと純粋さを持っていたのだ。

だからこそ、京太郎はつぐみに惹かれたのかもしれない。

2人は絆を深め合ったようだ。

京太郎の本は消滅していなかった。彼は今後普通の人間として生きることができる。

ナナイの不器用な親心だったようだ。

さよりちゃんも最後にちょこっと出た。

彼女は羊飼いのような存在に憧れているようだった。

そんなさよりちゃんの後ろにナナイさんが・・・

スカウトするつもりか?怖えーよ・・・

多岐川さんは今回の悪行をかなり反省したのか、全力で謝罪していた。

原作では図書部の面々はみんな揃って生徒会役員になる。

多岐川さんもそれに加わるが、アニメほどの愚行を働いていないのでたいして反省もしていない。

原作でもこれくらい反省すればいいのに・・・

凪は相変わらず京太郎の部屋でくつろいでいた。

汐美学園担当の羊飼いになったらしい。担当規模が大きいのか小さいのかわからない。

ナナイさんは形はどうであれ、京太郎の傍にいるのが凪の幸福だと考えたのかもしれない。

京太郎は誰とも恋仲になっていない。

つぐみとそうなる可能性が一番高いという感じで物語は幕を閉じた。

これはハーレムエンドなのか、ノーマルエンドなのか・・・

学園恋愛物としてはなかなか楽しめた。

個人的には14話くらいあってもよかったんじゃないかって気もするが、そうもいかないか・・・

誰かを幸福するという行為は難しいテーマだ。

他者の幸せを願うのは不自然なことではないが、みんなを幸福にするという願いは偽善と紙一重だからだ。

ドロドロした人間関係の軋轢を描くことが多い昨今のアニメ作品の中、この物語はいい清涼剤になっていると思う。

リアルな人間関係は確かに楽しめるが、気分を害されることも多い。

こういう萌えを重視した作品は決して悪いものではないのだ。

オーガストは既に新作を製作している。

したがって、この物語が過去のものになるまで時間はそんなにかからないかもしれない。

無難な作品と感じる方もいると思うが、俺はその無難さを逆手にとった良作だと思っている。

願わくば、図書部の皆がどんな将来を歩むのかをもっと知りたいと、俺は強く思う。



スポンサーサイト
もう凪ルートの線はない。つぐみルートかノーマルエンドのどちらかだろう。

幽霊部員達に部室を奪われた図書部。

言うまでもなく多岐川さんの仕業である。幽霊部員達を焚きつけたのだ。

部室を追われた図書部の前に現れた多岐川さんは羊飼いからのメールを見せつけ勝ち誇る。

その勝ち誇った顔がムカツク・・・

多岐川さんにメールを送った羊飼いは何者なのか?

羊飼いはこの物語において見習い2人、ベテラン1人という状態だ。

消去法で犯人はナナイさんだと推測できる。

新たな第三者が最終回間際で登場するはずもない。

たかが部室をとられただけ、図書部は誰も欠けてはいない。

そう言ってみんなを励ます京太郎だが、そのときつぐみの未来が見えてしまう。

どうやらつぐみは大怪我をしてしまうらしい。それも命に関わるレベルのようだ。

この運命を変えるため、京太郎は羊飼いになる決心をする。

凪はそんな京太郎に対し、自分が図書部をつくるように仕向けて京太郎が羊飼いにならないようにしたかったと告白する。

誰も不幸にならないように気を使ったと言っていたが、だからといって自分の目的のために他人の人生を利用していいはずはない。

羊飼いになれるのは京太郎か凪のどちらかだったらしいが、だったら正々堂々と勝負しろよって感じだ。

物語の根幹部分を今更否定しても仕方がないが、一般的な人間の常識で考えると凪のしたことは褒められたものではない。

つぐみの命がかかっている。助けられる手段が目の前にある以上、迷っている場合ではない。

そう語る京太郎に凪は八つ当たりをしつつも、その決意を認めたようだ。

ナナイに羊飼いになる意思を伝え、京太郎は自分の本を消去される。

どうせ実は封印しただけだろ・・・と思った方もいるだろうが、これは原作にはないアニメオリジナル展開でそれなりに緊張感はある。

現につぐみ達は少しづつだが京太郎との記憶が思い出せなくなっている。

つぐみは京太郎が羊飼いになったことに気づき、雨の中京太郎を部屋に向かう。

誤魔化す京太郎につぐみは本当のこと言ってほしいと詰めより口づけを交わす。

その後、つぐみは風呂場にいたので事後のように見える。

実際は雨にぬれたので風邪をひかないように風呂に入っただけだが、情事のあとのようではある。

京太郎が好きなつぐみは、一緒にいたいがために自分も羊飼いになると言い出す。

もちろん無理な相談だ。特定の誰かを深く愛するような人間は羊飼いになれない。

みんなと何よりつぐみのために羊飼いになった京太郎だが、つぐみからは非難された。

京太郎は自分が本当に誰かを幸福にできるか確かめたかった。

もしできるなら、幼少期の孤独や絶望も無意味でないと証明できるからだという。

よくわからない理由だが、つぐみは羊飼いでなければ誰かを幸福にできないと思っているならハッピープロジェクトを信じていないと悲しみを露にする。

嫌われた方が傷が浅い、今はつぐみを助ける方法を探さなければと割り切っている京太郎に佳奈から電話がかかってくる。

千莉が大変というから急いで駆けつけてみたら、彼女の部屋が大変なことになっていた。

なんというかエッチなお店のような雰囲気を出しており、そこには看護婦のコスプレをした千莉がいた。

お色気ムンムンで京太郎にせまる千莉。そこにバニーガールの格好をした佳奈まで加わる。

いったいどうしたのか?その理由は京太郎意外の図書部に送られたあるメールが原因だった。

多岐川さんは京太郎が生徒会に身売りしたというメールを送っていたのだ。

それでみんな京太郎を引きとめようとしたのだ。

佳奈は男は色仕掛けに弱いという情報をネットで見て実践してみたらしい。

情報を鵜呑みにしたのは本当だろうが、相手が好きな人じゃなきゃこんなことはしない。

見ている分には非常に面白かった。

図書部の企画したミナフェスに対抗して生徒会もイベントをぶつけてきた。

生徒会のイベントに対抗するため千莉は再び歌うことを決意する。

やはり自分には歌しかない。みんなのためにまた歌いたいと語る千莉の顔に迷いはない。

自分から歌いたいとそう思うようになる事が大切だった。京太郎の狙いはそこにあったのだ。

千莉はかつての友達とのわだかまりもなくなった。これで彼女の問題は解決した。

しかし肝心のつぐみを助ける方法がまだ見つからない。

多岐川さんも余裕たっぷり、次はもう最終回ですよ?

ナナイさんの伏線は回収するのかな?

わかりやすい反応をしたので原作を知らない人でも気づいたろうが、ナナイは京太郎の父親なのだ。

次週最終回、ミナフェスは成功するのか?はたして京太郎はつぐみを救えるのか?

玉藻メインのエピソードも欲しかったなぁ・・・

彼女は人気第3位で結構好かれているはずなのに・・・

凪ルートかと思わせといて、やっぱりつぐみルートか?

今までサブヒロインと大差ない扱いのつぐみがここにきて急浮上した。

原作の内容を織り交ぜたアニメオリジナル回だったが、なかなか面白かった。

つぐみの壊れっぷりや凪のかまってちゃんぶりがけっこう良かったな。

凪は羊飼いになればどうせみんな忘れるんだからと思っているのか、投げやりな感じになっている。

修羅場になってもどうせ忘れるからということなんだろうが、ほどほどにしておけよ。

妹がらみで一気につぐみルートになった感じだ。

やはり物語の看板娘を蔑ろにはしないということか。

ゲームの流れで考えると、凪ルートを通過してつぐみトゥルールートに突入した感じだな。

つまり王道的なストーリー展開になっているということだ。

千莉は歌をやめて学園ライフをエンジョイしていた。

再び歌の道へと戻るのは最終回かな?

図書部は多岐川さんの策略によって幽霊部員が投入され、京太郎たちは追い出されてしまう。

幽霊部員達はどうみてもクズだ。

学園を良くしたいなら真っ先に排除しなければならない連中だと思うのだがね。

謎の羊飼いの陰謀が絡んでいるとはいえ、多岐川さんの暴走っぷりは見ていられない。

理想に酔った人間は非常にタチが悪い。

カチカチの正論だけで人が動くなんてことはない。

多岐川さんは融通が利かなすぎるのだ。

あと2話で話しまとまるのかな・・・?

今週は御園千莉メイン回だ。

千莉は京太郎のアドバイスで歌をやめることにした。

最終的には歌うんだろと思った方も多いだろう。結果的にはそうなる可能性が高いと思う。

千莉は幼い頃、純粋に歌を楽しんでいた。

歌の好きな友達も出来て幸福だったが、長くは続かなかった。

歌のコンクールでその友達と競うことになり、心無い大人が余計な一言をいったせいで思い悩むことになった。

友達がコンクールで優勝できなければ、歌をやめることになると知った千莉は全力を出せなかった。

だが千莉は手を抜いたにもかかわらず優勝してしまった。

手加減したことが友達のプライドを傷つけてしまい、その子とは疎遠になった。

そういった過去の経験から千莉は歌を楽しむことが出来なくなってしまったのだ。

何のために歌うのか、楽しさを忘れたことで歌う意義を見出せなくなった千莉。

そんな彼女の心情を聞いて思い出したのは、「のだめカンタービレ」の野田恵である。

のだめもただ好きなようにピアノを弾いていたかっただけで、音楽を真剣に向き合うことをしなかった。

要するに千莉にはプロ意識が欠けているのだ。

ただ好きなように歌いたいだけなら趣味の範疇に収めておけばいい。

プロを目指すなら他者を追い落とす必要がある。上にいけるのはごくわずかだ。

たとえ友人であっても、情けをかけるのは優しさではない。

友達に歌をやめてほしくないという気持ちは千莉の弱さであり、その友達の気持ちがどういうものか考えていないのだ。

凪は羊飼いの仕事として、千莉を世界的な歌手に導こうとしていた。

京太郎は凪を制し、真逆の行動をしたわけだが何か考えがあるようだ。

歌を忘れたカナリアは自分の居場所を見つけることで、また美しい声で歌うのだ。

京太郎は千莉にまた歌を楽しめるようにしようと考えているのだろう。

純粋に千莉の気持ちを慮っているのだ。

そういった行動がナナイに認められ京太郎は羊飼い二次試験に合格、すぐにでも羊飼いになれるという。

凪は羊飼いとしての能力は充分らしいが、こういう相手の気持ちを慮るような優しさがない。

羊飼いを目指す理由は極めて個人的で、本心では他者の幸福など願っていないのだ。

他者を導くのはあくまで自分の目的のためである。

羊飼いになれないのは当然だ。

京太郎は凪の本に触れたことで、彼女がかつて自分の妹だったことを思い出す。

メインヒロインのつぐみはあまり目立たない。

そして図書部を脅迫する偽羊飼いの正体は?

あと多岐川さんが危ないキャラになっている・・・

彼女を哀れな小悪党にするのはやめてほしいな。

ここ最近思うのはこの作品の世界情勢がどうなっているのかということだ。

現実の世界はテロや紛争が絶えない。

わが国は平和なので他人事だが、平和な国にも様々な問題がある。

生活保護世帯の増加、年金問題、TPP、集団的自衛権の行使問題、高齢化社会といろいろある。

テレビで事故や殺人のニュースを放送するのは珍しくもなくなっている。

危険ドラッグ・飲酒運転・詐欺・強盗と平和な国でも悪事は絶えない。

羊飼いという存在で疑問なのは、テロや紛争地帯などの危険地域で活動する者はいないのかということだ。

将来有望な人間を最も良い未来で導くことより、明日の命も保障されないような境遇の人間を救済することのほうがはるかに意義があると俺は思っている。

羊飼いは人類の未来に大きく貢献する人間の未来を導くことが中心活動になりやすい。

そういう人間は自力で未来を掴みそうなものだが、俺はこの点に大きく疑問を感じている。

世の中は基本理不尽で平等ではない。

幸福になれる人間の席は数が限られている。

平和な国で普通に生きている人を導くよりも、テロや紛争・飢餓や疫病で苦しんでいる人を救うことを考えないのだろうか?

この作品には相応しくない重いテーマだが、この点を考慮せずに人類を導く存在を語られても説得力がない。

言い方が悪いかもしれないが、羊飼いの活動はボランティアの延長に思える。

誰かを幸福にするのではなく、不幸に苦しんでいる人を救うことのほうが正しいと俺は思うのだ。

この世界からテロや紛争のように多くの人々を不幸に陥れる行為をなくすほどの力がなくては、人類をサポートする存在を名乗れないんじゃないかとさえ思ってしまう。

かなり批判的に書いてしまったが、どうにもこういう考えが頭から離れない。

この作品にケチを付けたいわけではないのだが・・・

来週のタイトルは告白だ。

凪ルートになるのかなぁ・・・


今週は佳奈すけ回だ。

彼女は人気投票でぶっちぎりの一位だったので、メイン回があるのは予想していた。

佳奈すけの書いた脚本で図書部は演劇を行っていた。

タイトルは「はだかの女王様」、裸の王様のオマージュか?

女王役が玉藻、王女役が千莉、そして王子様役が京太郎である。

脚本はともかく佳奈のナレーションで面白可笑しい演劇になっていた。

あと作画崩壊している。

しかし、佳奈のミスでアクシデントが起きる。

どうにか成功させたが、佳奈は落ち込んでしまう。

視聴者的にはいいオチだった。

千莉は完全に棒読みだったが、その棒読みの声が「僕は友達が少ない」の幸村を思い出した。

声優さんが同じなのだから当然なんだが。

佳奈は過去のトラウマから人付き合いに臆病になっていた。

普段の明るいキャラクターは、彼女なりの処世術だったようだ。

過去、佳奈はある女子グループにいた。

明るいキャラでうまくやっていたようだが、佳奈に言わせれば道化の役であるらしく居心地がよいとは言えなかったようだ。

親友がグループののけ者となった際、佳奈はリーダーに講義して自分ものけ者になってしまった。

しかもその親友は佳奈を捨てて、佳奈が以前いた道化のポジションに収まったらしい。

なんとも酷い話である。

それ以来人付き合いが怖くなってしまった佳奈は図書部のような居心地のよい場所でも本音を出せずにいた。

京太郎の励ましで立ち直った佳奈すけ。一件落着と思ったらまた問題が発生した。

図書部の部室に声楽科の先生がやってきて、千莉に図書部などやめてレッスンに集中しろと言ってきたのだ。

ムカツク先生だな・・・

来週は千莉メイン回というわけだ。

最終回を前にヒロインの抱える問題を消化していこうという事かな。

多岐川さんも相変わらず融通がきかない。

かちかちの正論ばかりで、他者の要望を最初から聞き入れる気がないとしか思えない。

特に図書部を敵視しているようだ。

京太郎に皮肉ばかり言う凪といい、年頃の女の子は難しいな。

HIT

Author:HIT
北海道で農家を営む30代男です。

アニメ作品の思い出をブログで綴っていきます。

感想、自分なりの考察も書いていくブログです。

読んでいただければ幸いです。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
5253位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
2013位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。